夏の高原ぶらり(その4)川俣東沢渓谷2
2012/09/05/21:50(Wed)
* 清里にある川俣東沢渓谷歩きの続きでーす。(記事がすべて消えましたが、気を取り直してもう一度!  今度はこまめに保存しながら進みましょう)

蘭庭橋を渡って先へ進みます。花を眺めていると、置いて行かれてずっと先に!

川俣40



川俣41

赤い印が、歩道の目印になっていると気づきました。

川俣43

渓谷に日がさすと美しいです。

川俣44

また変わった巨岩!! もしかしてこれが黄金の砦かな?

川俣45

川俣46

同じ山梨県内の西沢渓谷とは違って、『犬を連れ込まないでください』なんていう野暮な看板がないので、この渓谷ではワン連れと何度もすれ違います。

この柴ちゃんは女の子なので、うれしそうにちゃんとご挨拶ができました。

川俣47


川俣48

また違う巨岩です

川俣49

柱状節理じゃなくて、板状節理でいいのかな? 高校時代に、もうすこし真面目に地学の授業を受けておけば良かったです。担任でしたが「テトロドトキシン」なんてあだ名つけて、メチャクチャ馬鹿にしていたのを今ごろになって後悔してもねぇ。

川俣550

↓ひどい繋げ方ですが、巨木の雰囲気が出てますか?

川俣の木
    川俣51

この岩も頭が重そうで、このあたりの道の崩壊の危険性がわかる気もします。

川俣55

ゴロンと転がる巨岩の横を抜けていきます

川俣56

爽やかなブナだかナンダカ?秋の紅葉の頃も美しいことでしょう

川俣57

巨岩の連続に言葉がでません・・・

川俣58

苔むした岩の道は、とても深い森のような雰囲気です。

川俣59

見落としてしまいそうな小さな滝・・もしかして乙女の滝かな?

川俣61

エドとエド父はこの岩を登って。。。エッ?そんな〜〜〜
いやいや、少し戻ると赤い目印が・・・楽に登れる場所があるんですョ

川俣63

丸太の梯子・・・エドは楽々登りますが、柴の光流だったら抱っこかも^^;

川俣64

ようやく天狗岩橋までやってきました。ここで渓谷沿いの道はほぼ終了

川俣65

やれやれというか、これからは渓谷を離れて登りというか・・・

川俣66

これが天狗岩ですね! 突き出た鼻の形かな?

川俣67

この橋を渡って対岸を渓谷沿いに上る道は、崩壊の危険で通行止めです。

川俣68

反対に、コチラの岸から清泉寮へ戻る道があり、ほとんどの人達はここから下りてくるかここを登って戻るかですが、かなり急できつそうな坂道です。

登りとなると息切れして苦手なわたしは、距離は長そうだけど比較的緩やかな気がする東沢大橋へ回る道を選びました。どうせ急ぐ旅でもないのです。

川俣69

ちょっと野生動物っぽく気取ってみました^^

川俣70

最後のひと踏ん張りかな?  う〜〜ん、頑張ろう

川俣71

道が緩やかになり、車の音が聞こえはじめました

川俣72

ゴールはもうすぐ!  植生も変化しはじめています

川俣73

お店というか、清泉寮ブリッジショップとやらに到着。
普通は、ここの下りから始めるようです^^;

川俣76

一本だけ残っていた清里牛乳と桃の丸かじりで生き返ります

川俣77

展望台から眺める赤い『東沢大橋』です。

川俣74


ここから、延々と車を止めてある清泉寮まで車道を歩いて戻るのですが、渓谷ほど涼しくはないけれど汗をかくほどでもないし、花でも眺めながら歩きます。

家族も帰りが遅いようなので、そのヒマになんとか更新の再挑戦がうまくいきそうで、やれやれです。

長々とお付き合いくださいまして、ありがとうございます


この続きは、またいずれ・・・


夏の高原ぶらり(その1)清里湖&大門ダムはコチラ
夏の高原ぶらり(その2)清里! はコチラ
夏の高原ぶらり(その3)川俣東沢渓谷1はコチラ
夏の高原ぶらり(その4)川俣東沢渓谷2はコチラ
夏の高原ぶらり(その5)川俣東沢渓谷の花たちはコチラ
この記事のURL | おでかけ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<夏の高原ぶらり(その5)川俣東沢渓谷の花たち | メイン | そんなぁ〜〜あんまりだヮ>>
コメント
- あなたも同じ経験をなさいましたか -
■われもこう様。
お早うございます。
昨日のあなたの記事を見て、書いておきます。
あなたも同じ経験をなさいましたか。
私も数日前に同じような被害に遭いました。
私の場合は常用漢字ではない「表外漢字」の、それも
難しい字で、それを入れると、とたんに「その字」以降の記事が
全部「消えて」しまうのです。
fc2のサポートに問い合わせたりしたが、「その字」は出せないというのは許せるとして、
記事全部が消えるというのは困ります。
もっともfc2というのは本拠がアメリカにある会社ですから、
日本語ワードプロセッサには限度があると許すしかありません。
詳しくは、私の9/8づけの記事の終わりの方に書いておきました。
fc2の場合、時間的な「混む」ときは、日本時間「午後」で、この時間帯は記事の入力には不適当です。
画像なども容量の多いものは「拒否」されます。
私は難しい字を出す必要のある記事はマイドキュメントの「文書」で原稿を書いてから移すようにしました。
長々書きました。悪しからず。 では、また。

2012/09/06 05:11  | URL | sohya #-[ 編集]
- 素敵な記事を有り難うございます(^O^)/ -
お早うございます。消えた記事を、気を取り直して再度挑戦して頂き、有り難うございます。
とても嬉しい記事ですe-343
2012/09/06 05:45  | URL | nmzk #Wh5SkbOM[ 編集]
- 機能の不具合 -
こんばんは。
書きかけの記事が消えてしまう。。。悪夢です。
最近また不具合が多いです。。。
今日のハイキング、奇岩と大変な角度の梯子が印象的ですね。
濡れている時など、足許取られそうです!
でも涼しそうで、緑の葉を通して入って来る光が素敵ですね。
2012/09/06 19:06  | URL | yokoblueplanet #-[ 編集]
-  -
こんにちは。
この記事が消えたとなると、相当のショックですね。
私は、テキストエディタにコピーしてから、送信
ボタンを押しています。
消えても、コピペすればOKですから。
巨岩が続く素敵な散策路ですね。
でも、こんな岩がどうしてここにあるのかと思うと
眠れなくなりますね(笑
2012/09/06 20:45  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
- sohya さま、こんにちは -

> 私も数日前に同じような被害に遭いました。

時間の無駄というかがっくり来ますよね。

> もっともfc2というのは本拠がアメリカにある会社ですから、

そうなんですか?! 知りませんでした。

> マイドキュメントの「文書」で原稿を書いてから移すようにしました。

ドブログの頃は浴槽していたのですが、fc2に来てからは油断していました。
これから気をつけます。
2012/09/07 17:41  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- nmzk さま、こんにちは -

> とても嬉しい記事です

拙い記事に励ましをいただきまして、ありがとうございますv-91
2012/09/07 17:42  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- yokoblueplanet さん、こんにちは -
> 最近また不具合が多いです。。。

やっぱりそうお感じになりますか?
いろいろ新機能なんてことやってるからバグってるのかもしれませんね。

> 濡れている時など、足許取られそうです!

たしかに、渓谷歩きは足元をしっかりしないといけませんね。
この日は、軽い散策のつもりでしたので、かなりいい加減な足元でした^^;

2012/09/07 17:44  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- 君平さん、こんにちは -

> この記事が消えたとなると、相当のショックですね。

ええ、画像だけは元々入れてあったのですが、文章がすべてアウトでした(泣;)

> 私は、テキストエディタにコピーしてから、送信 ボタンを押しています。

油断して、そのひと手間を惜しむものですから痛い目に会いました。
実は、その夜から朝まで頭痛に悩まされました。PCに向かいすぎてはイケナイとの警告と受け止めました。

> でも、こんな岩がどうしてここにあるのかと思うと 眠れなくなりますね

地震でも起きたら怖いですが、その時はその時と・・・(^^)
2012/09/07 17:47  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- こんばんは -
fc2はコメントしても、ただいま、混みあっています出、消えてしまいます。
だめなら元の文章に戻れるといいのですが、戻ると消えている・・・

最近はコメントする前にコピーしています。

沢筋は涼しいですよね。東沢大橋袂まで、一番楽なコースで正解かも・・・
2012/09/09 20:10  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -
> fc2はコメントしても、ただいま、混みあっています出、消えてしまいます。

それは申し訳ありません。
コメントでもコピーがいるなんて、面倒なことですね。
それでもコメントしていただけてうれしいです^^

> 沢筋は涼しいですよね。東沢大橋袂まで、一番楽なコースで正解かも・・・

清泉寮までの帰り道は暑かったのですが、それでも都会の真夏の道からすれば天国でした^^
2012/09/10 12:53  | URL |  われもこう #-[ 編集]
- こんにちは。 -
我家であれば・・
最初の500m程で挫折しています(笑
いつも、どんなときでも、
ちょっとの好奇心が背中を押して、
ちょっとだけ進んでみるのですが、
「え~っと まだまだのようだね・・」っと、
引き返す場合が殆んどですi-201
これだけの記事が消えちゃうと、
私なら再チャレンジは無理だなぁ(笑
by aki

2012/09/10 12:58  | URL | kaboとaki #-[ 編集]
- kaboとaki 様、こんにちは -
> 我家であれば・・
> 最初の500m程で挫折しています(笑

いやいや、我が家であれば・・・いくら子どもの試合でも炎天下の応援はとてもできません(滝汗;)

そう、好奇心というか好きこそ!なんでしょうね^^

> これだけの記事が消えちゃうと、 私なら再チャレンジは無理だなぁ(笑

マッタクね〜〜でも、画像だけは最初に入れてあったので、悔しいからやりましたが、その報酬は翌日ダウンでした (>_<;)
2012/09/10 17:22  | URL |  われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1854-4b6e8d1e

| メイン |