江の島くるりん(その4,奥津宮)
2012/01/28/13:20(Sat)
* 江の島巡りもいよいよ奥津宮で、ご祭神は三姉妹の長女の多紀理比賣命です。

こちらの鳥居は頼朝寄進だそうです。
鎌倉幕府を開いた頼朝は、政治の方策としての信仰を大きく取り上げ、 各地に寺社伽藍を創建したそうで、江の島にも数度参詣し、いろいろと寄進をしていて、そのひとつです。
養和2年(1182)4月に建立されたもので、文政年間に破損を修復した記録も刻まれた貴重な史跡だということです。

江の島071




社殿は天保13年(1842)、拝殿は明治6年(1873)の再建のようです。

江の島076


拝殿の天井に酒井抱一作の「八方睨みの亀」が描かれているというので仰ぎみます。
姫路藩主の次男として生まれ、光琳に私淑した文化人ですが、いかにも琳派風の金箔地で華やかです。どういう経緯でここへの奉納になったんでしょうね。

江の島97

↑は、平成6年に片岡華陽さんが模写したもので、原画は経年で痛みが激しいので神社で保存されているそうです。

亀石(亀甲石)、その名の通りの模様が浮き出いている石が奉納されています

江の島074


銀杏の根元にあります。一度折れているようですが、そのままでしたらいかほどの大木だったことでしょう
   江の島075

すぐとなりにある力石
江戸時代に日本一の力持ちと言われた卯之助(岩槻藩)が当神社に奉納したもの。重さ八十貫(320キロ)弁財天の祭礼に詣でた人々の前で力競技を行った時のものと書かれています。
人の集まるところで、いろいろなイベントを行うのは今も昔も同じなんですね。

江の島91

こちらの手水舎は比較的新しい昭和54年に奉納されたものだそうです。

江の島098

八方睨みの亀に因んでなのでしょうか、亀さんがデンと鎮座しています。
この亀に気を取られてあまりよく観察しなかったのですが、この手水舎の柱の礎石に『耳のある亀』が彫られているそうです。ふらりとよく調べもしないで行くと、こうして知らずに通りすぎてしまいます。


江の島099



こちらは、龍神と弁天様のおしゃもじ

江の島99  江の島98 


奥津宮の境内には龍宮もあります。「わだつのみや」と読むそうです。

江の島078

古来、龍神が座すと言われていて、龍神信仰と弁財天信仰とが融合しているのが江の島ならではなのだそうです。故事については江島神社のHPこちらを読んでください。

内部は撮りませんが、洞窟になっていておどろおどろしいです^^;
それにしても、この龍はドラゴンボールの雰囲気です(笑;)

江の島10


0115enosima1

次は、↑の鳥居を出て、御岩屋道を行きます。

けっこう急な石段をトントンと降りていくと、平らな岩の広がった海岸が現れます。

0115enosima2

稚児が淵は、関東大震災で1mほど隆起した海蝕台地ですって。

江の島083

ここから眺める富士山の夕焼けは神奈川県景勝50選のひとつだそうですが・・・・もやっていて肝心の富士山は見えない^^;

江の島087

ここから岩屋に入ることが出来ますが、お金もいるしワンもいるしで、今回はヤメにしておきます。

江の島304

江の島303



パンフもなしで歩いたので、帰りは来た道をそのまま戻らなくてはいけないのかと、少々げんなりして近くのお店に聞いたら、下道があるというのでホッと安心。

安心ついでに、疲れたしお腹も空いたので、そのお店でお昼にしました。
ワンも一緒にテラスで食べられます^^

匂いに釣られたイカですが、やわらかくて美味しい^^

江の島090

江の島091  江の島094

やっぱり海鮮は海辺で食べると美味しさが増します

江の島095


この富士見亭のテラスで食べていたら、肉眼ではうっすら富士が顔を出しているのが見えて、ソレは嬉しかったです。ただ、カメラには残念ながら写っていませんでした。

江の島302

テラスから見える海岸

江の島305

鳥がたくさん集まってるようです。下には魚が沢山いるのかな^^

江の島307

片瀬海岸が見える下道をゆっくり歩きながら、戻って行きます。

江の島101

最初に見るのを忘れていた狛犬です。


江の島105

           江の島102


参道を抜けて、元の駐車場まで戻ってきました。
目の前のしらす丼で有名な「とびっちょ」さんは、長蛇の行列です。途中で食べておいて、良かったヮ


江の島107


この後は、北鎌倉へ向かいます。

江の島108

ナビさんの言うとおりにモノレールの下の道を通ったら、渋滞なしであっという間に目的地周辺へ!(^^)

それはまた、次にでも^^;



この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<北鎌倉の絶品チーズケーキ | メイン | 江の島くるりん(その3,展望台~)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1721-7dd0dbd3

| メイン |