江の島くるりん(その1)
2012/01/23/15:00(Mon)
*末娘が初めてという江の島ですが、かくいう私も何十年ぶりで、小学校の遠足以来なんです(^^;)

しかし、なんか違う・・・そう、橋なんか当時は無かったヮ。

江の島に渡ったのかどうかすら、まったく思い出せませんでした。同級生に会ったときにでも確かめてみたいです。もしかしたら、遠足ではなくて、臨海学校で海水浴が目的だったのかもしれない・・・

目の前に海水浴場(当時はそういいました)が広がり、海の家のようなお土産物屋さんが並んでいたのはよく覚えています。・・・おみやげで買ったのかな?桜貝を小さな箱に入れて大切に引き出しに入れてましたが、あれはいつなくなったのかな?
海ほおずきが鳴らせなくて姉にバカにされたこととか、バスの中で歌った歌ぐらいしか記憶がありません。

七里ケ浜の 磯伝い 稲村ケ崎 名将の 剣投ぜし 古戦場

それと、七里ガ浜哀歌・・・真白き富士の嶺、緑の江の島♪ ・・海って怖いんだぁ~~と震えましたね。
ボートやカヌーというとこの歌を思い出します。
時代が違いますね(笑;)

江ノ島神輿4



ウィンドサーフィンはもちろんヨットもその頃は見えず、なにより江の島は橋で繋がってはいなかった(爆;

江ノ島神輿3

つまり、私が江の島に行ったのは東京オリンピックの少し前で、そこはのんびりとした景勝地だったのです。オリンピック用にヨットハーバーができて、橋を作って・・・一大観光地になってからは、TVで見るだけの場所でした。

ですから、江島神社へも初参詣かもしれない。

相方や息子たちはしょっちゅう出かけていて、TVなどでも紹介されてるし、よく見知ってるような気がしていたのに、行ってみたら初めてだったなんて、ヘンテコな感じがします。


さて、正月半ばの日曜日、橋の中程から駐車場に入る車の渋滞の列ができていました。時間をかけてなんとか駐車場に入れて、歩き始めます。

江の島1

青銅の鳥居は、再建されたのが文政4年(1821年)という時代ものだそうです。最初はもっと前・・・
足元の波の模様が見事です。

江の島2


鳥居をくぐれば参道ですが、両側にお土産物屋さんや食べ物屋さんが並んでいます。

江の島4


お土産物屋さんの店先はワンには誘惑されるものがたくさんあるし、人も多いので、この後はサンドイッチにして歩きます。
(その2に続く・・・)
この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<雪晴れ^^ | メイン | 江ノ島で寒中神輿錬成大会に出会う>>
コメント
- 橋はなかったでしょう? -
そうなんですよ
私も幼稚園の時と小学校の時に江の島に遠足で行ったんですね
で、その時の記憶に橋がなかったんです!
砂浜を渡って行ったような・・・
しかもその途中で記念写真を撮ったような・・
ところが、色々江の島で聞いたり
ネットで調べてみましたら
どうやら、オリンピックの時に造った橋は道路と分けて造った今の大きな橋で、
明治には橋はあったらしいんです。
橋がなかった記憶がある・・と言ったらそりゃ江戸時代のことだよって言われちゃいましたけど
やっぱり、記憶に橋はないんです
でもね、つい最近まで6月の大潮の時には江の島と片瀬海岸の砂州が繋がった(ここ数年は浸食が進んでわかりませんが)そうですから、当時の我々はやはり砂浜を渡って行ったのではないかと自分なりに解釈していたのです。
われもこうさん!やはり砂浜を渡りましたか!
嬉しいです!
同じ記憶の方がこんな身近にいらしたなんて。
われもこうさんよりもっと前に行ったと思いますが・・・(年齢差で)あはは・・

それとこの二つの歌
全く同じ思いです
昨年の9月12日の稲村ヶ崎でのイベント記事にそのことを書きました(*^_^*)
お時間ありましたら覗いて見て下さい
稲村ヶ崎の公園に、救いを求める兄弟の像があるんですよね
・・で、この歌を歌ったのですが
皆さんあまり知らないようでした

私の中で、江の島の橋がなかった記憶と
この二つの歌の記憶は大きいんです
それら全てを今日同時に共感できてちょっと興奮してますe-420
2012/01/23 22:06  | URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集]
- Hulaさん 様、またこんにちは -

> 明治には橋はあったらしいんです。

あらら・・そうなんですか!
橋と言っても、あの大きさの橋ではなかったからなのでしょうね、覚えてないんですよ~~まったく

> われもこうさんよりもっと前に行ったと思いますが・・・(年齢差で)あはは・・

いや・・・多分あまり違わないかも・・体力年齢はHulaさんの方が断然お若い!!


> 昨年の9月12日の稲村ヶ崎でのイベント記事にそのことを書きました

たぶん、読んだと思います^^ 読み逃げしてたかな?^^;
授業でも習った世代です。今は、もう教えない・・そうなんでしょうね。

私の年頃は、NHKのみんなのうたとか児童合唱団ブームもあって、けっこう日本の歌曲を学校でもバンバン歌ってました。
この歌も白秋や廉太郎なども、情緒のある歌が歌われなくなっているのは悲しいことだと思います。
あの短調の独特の節が、心に響きますよね~~

> この二つの歌の記憶は大きいんです
> それら全てを今日同時に共感できてちょっと興奮してます

ありがとうございます。共感していただけて、私もうれしいです(^○^)
でも、なんか江の島=この歌は、私の中では当然のような気がしていたので、
逆に、知らない人が多いという事実にギャフンとなりますね^^;
2012/01/24 15:00  | URL |  われもこう #-[ 編集]
-  -
江の島=この歌は当然・・
そうなんですよね私もえっ?知らないの?ってびっくりでした
遠足の時の歌詞カードにも載っていましたよね

橋はね、やはり木の橋だったようですね
今日、お稽古の帰りに江ノ電、江の島駅近くの古いパン屋さんでお喋りしてわかりました(*^_^*)
その方(19年生まれ?)のお姉さんがこの橋を渡る時、
ハイヒールのかかとが木の橋の割れ目に挟まったと言っていたわ・・と証言して下さいました(笑)
多分小さな細い橋だったのでしょうね
潮が満ちて来た時とか砂浜が歩きにくいから・・とかで利用したりしなかったりだったのかもしれませんね


2012/01/26 00:58  | URL | Hulaさん #amXlFcx2[ 編集]
- Hulaさん 様、こんにちは -

> 橋はね、やはり木の橋だったようですね

そうだったんですね~~
そのうちに同級会が開かれたら、皆の記憶力を試してみることにします(笑)

今回、江の島散策してみて、ほとんど覚えていませんでした、もしかしたら初めてだったかもしれません。
2012/01/26 14:54  | URL |  われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1717-642ad3dd

| メイン |