奈良井宿の町屋(2011年その2)
2011/09/13/12:10(Tue)
奈良井宿散策の続きです~~

伊勢屋さんという旅籠の中を覗かせてもらいました^^

奈良井宿4

京都の町屋と同じように、間口は狭いのですが奥行きがあります。江戸時代の税金制度が間口の幅で決められていたのは、ここも同じだったようです。

奈良井、旅館2



奈良井、旅館4

まさに、時代劇に出てきそうな黒光りする階段です。

奈良井、旅館1

奥に中庭があり、ちょうどオオヤマレンゲが咲いていました^^
モクレン科の花ですが、うつむいて咲く姿が清楚で可憐です。

奈良井、旅館3

次は、大きな杉玉のある酒屋さんに入ってみます。
奈良井宿唯一の造り酒屋さん『杉の森酒造」ですが、創業が寛政5年というので、200年ほどでしょうか。

奈良井、酒屋1

奈良井、旅館3

こちらの、原酒とお店お勧めの酒粕をお土産にします。

奈良井、酒屋2

お土産・食堂・・何でもありかな?
奈良井宿17

こちらのお店で五平餅でも食べようかと思っていたら、鎮神社から戻ってきたときには残念ながらもう店仕舞い・・・

奈良井宿18


初めて木曽路を訪れた家族が、五平餅を食べたがっていまして・・だいぶお店は閉まり始めていましたが、この小さなお店が開いていました。

こちらは、朴葉餅に使う朴葉です。
放射状の大きな葉っぱに小豆餡の入ったお餅をくるみますので、たいていは5個~6個入り・・こちらも美味しい♪


奈良井、五平餅1

五平餅もいただきます^^
         奈良井、五平餅2

この子も欲しそうです・・・端っこをもらえましたね^^

奈良井、五平餅3

こちらのお店、観光地化してから、あとから入ってきたのですか?とききますと、親世代からずっといるそうです。落ち着いた街並みを維持するのには、昔ながらの地域のつながりも必要なのでしょうね。

この五平餅屋さんのお隣が土人形のお店、藤屋さんでした。
奥さんが雨戸を立てて、店じまいし始めていましたが・・・入り込んでしばし眺めるのですが、どれも可愛い。
ご主人の創作人形だそうで、俵ねずみが年賀切手の題材になったこともあるそうです。

奈良井宿5

来年の干支の龍の人形と・・↓のも衝動買いしてきました^^

    土人形2

可愛い柴いぬの親子、パソコンの横に飾って、毎日ながめています♪
この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<水仙送りました | メイン | 奈良井宿散策(2011年その1)>>
コメント
- こんにちは -
伊勢屋を含めて、すこし前の、NHKの昼ブラで放映していました。
今年の2月に行きましたが、その時は冬で観光客はまばらでしたが、
今は「おひさま」で人気のようですね。

ここは素敵な町並みが残っていますね。
思い出しながらみさせていただきました。

近い内に一寸だけ、行くことになりそうです。
われもこうさんの記事を参考に歩いて見ますね。
2011/09/13 16:41  | URL | オコジョ #H6hNXAII[ 編集]
- こんばんは -
素敵な町並みですね。
機会があれば訪れて見たいです。
2011/09/13 19:20  | URL | mico #NkOZRVVI[ 編集]
- オコジョさん、こんにちは -
> 伊勢屋を含めて、すこし前の、NHKの昼ブラで放映していました。

TVで・・・人気でしょうね

> 近い内に一寸だけ、行くことになりそうです。

あまり歩きたくない家族と一緒でしたので、省いたところも多いです。
200地蔵とか鎮神社の先にあるせめて石畳ぐらいは歩いてみたかったです^^


2011/09/14 13:54  | URL | われもこう #-[ 編集]
- micoさん、こんにちは -

> 機会があれば訪れて見たいです。

端から端まで歩くとけっこうあります・・・鳥井峠越えも、micoさんなら楽勝かと(^^)
2011/09/14 13:56  | URL | われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1620-00b74d0f

| メイン |