牛伏寺、その1
2011/08/24/14:32(Wed)
門前蕎麦を食べた後、いよいよ牛伏寺にお詣りします。
この寺は、実家の方から鉢伏山に登る途中にあります。実は、この日の目的地は高ボッチ~鉢伏山でしたが、途中にある牛伏寺を素通りするわけにはいきません^^;


駐車場脇に静かにたたずむ六地蔵が迎えてくれます

牛伏寺16


ゆったりとした階段の先に、山門
牛伏寺11





金峯山(きんぽうざん)牛伏寺(ごふくじ)
キンキラの額ですが、信州、特に松本近郊には真言宗のお寺が多いです

牛伏寺12

本坊
牛伏寺13

境内には2頭の牛の像があります。唐からもたらされた大般若経600巻を善光寺へ奉納する途中、経典を運んでいた2頭の牛が倒れたことから「牛伏寺」の名が付いたということらしいです。

牛伏寺18

如意輪堂
牛伏寺14

惣門
牛伏寺15




仁王門は修復中のようですが、この階段を上がる途中で再び雨が降り始めます


牛伏寺19

パーカーは着ていましたが、傘は持っていないので、慌てて観音堂に逃げ込みます。

牛伏寺20
入母屋造銅板葺で江戸時代前期の数少ない建造物だそうです。

牛伏寺21



おびんずるさまがいらしたので、頭を撫でて。。悪いところを治してもらえるかな?

牛伏寺23
安政とか文化とか・・・古い絵馬が奉納されていますが、古さが感じられない美しさです
↓には安政六年松本藩某・・と書かれていました。江戸時代には、長野は細かく藩分けされていたようですが、この辺りは松本藩だったのですね。
牛伏寺25

観音堂から見た仁王門
牛伏寺22


牛伏寺44

向こうに厄除けの鐘が見えます


牛伏寺24


この後で、鐘を撞きに行きますが、続きはまた明日にでも・・・
この記事のURL | おでかけ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<牛伏寺、その2 | メイン | フロリダ系ピスタチオ>>
コメント
- こんにちは -
雨の中でのお参りしっとりとしていい感じですね。
ご一緒にお参りさせていただいた気分になりました(感謝
2011/08/24 18:13  | URL | mico #NkOZRVVI[ 編集]
-  -
こんにちは。
牛が倒れてしまったから、牛伏寺というのは
面白いですよね。かなり、大規模なお寺に見えますね。
厄除けや頭を撫でたことによる効果はでていますか?
2011/08/24 23:27  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集]
- micoさん、こんにちは -
> 雨の中でのお参りしっとりとしていい感じですね。

お昼頃ですのに雷を伴う雨で、一時的にざぁーッと降ってはからりと晴れる、そんなお天気でした^^
2011/08/25 17:54  | URL | われもこう #-[ 編集]
- 君平さん、こんにちは -

> 牛が倒れてしまったから、牛伏寺というのは

真偽はわかりませんが(笑)、善光寺がらみなのはたしかでしょうね・・牛に引かれて善光寺参りっていわれますから・・・

> 厄除けや頭を撫でたことによる効果はでていますか?

頭ではなくて、顔を撫でるべきだったでしょうか^^
2011/08/25 17:56  | URL | われもこう #-[ 編集]
- こんばんは -
牛に引かれて善光寺・・・

われもこうさん
顔をねぇ また皴が増えました
大声で笑ちゃったじゃありませんか(笑)
2011/08/25 21:05  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集]
- tonkoさん、こんにちは -

> 大声で笑ちゃったじゃありませんか(笑)

えぇ~~^^笑えましたか?・・それはそれは良かったですv-218
さっき、もう一つのコメいれてから、すごい雷になって、電源を落としていました。
ようやく、遠くに行ったようです(ホッ;

あの程度の雷ならこわくはないのですが・・・エドが泣いてうるさくて(>人<) 
2011/08/26 16:55  | URL | われもこう #-[ 編集]
- 雷 -
 毎日毎日鳴ります。宇宙からの雷は 花火みたいだと言う像を見みましたが やはり恐いです。
 江戸時代の建物がまだあって 立派に使われてるって凄いことですね。
 善光寺にも お参りに行ってみたいです。牛伏寺も。
2011/08/27 07:03  | URL | 小紋 #-[ 編集]
- 小紋さん、こんにちは -

>  江戸時代の建物がまだあって 立派に使われてるって凄いことですね。

たしかに、素晴らしいです
牛伏寺は、善光寺とは違ってほとんど観光客が来ない普通の山寺です^^
2011/08/28 11:27  | URL |  われもこう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://waremosiro.blog55.fc2.com/tb.php/1597-24233fff

| メイン |