また鮎釣りと温泉、その5、再び魚野川と八海山雪室
2016/09/30/17:00(Fri)
翌日は久しぶりの快晴^^
この日はすぐに帰宅のはずでしたが、この晴天を見てまた釣りがしたいらしい・・・
まあ、もう鮎釣りも解禁終了間近だからね〜〜来るときは湯沢ICからすごい峠道でしたが、月夜野ICのほうが近かったし道も良い。
ナビって、どうしても先へ行って少し戻るなんてことをしないのですね〜〜そのほうが楽で早いぐらいなのに

0909 - 1 (55)


通りながら、いつかは水上温泉に泊まって谷川岳を覗いてみたいなぁ〜と夢ばかり膨らみます。
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
また鮎釣りと温泉、その4,法師温泉長寿館
2016/09/30/10:00(Fri)
魚野川をでてから、その日の宿にナビを入れたら湯沢ICで降りるんだって〜〜でも、苗場を越えて、結構な峠道^^;

着いたのは、法師温泉長寿館
ずっと一度は行きたいと憧れていた温泉だけど、なかなかチャンスがなかった宿です。


0909 - 1 (26)

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
また鮎釣りと温泉、その3,新潟回りで魚野川へ
2016/09/29/10:00(Thu)
翌日は予報では晴れでしたが、妙高高原は濃霧というか雨・・・

0909 - 1

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
また鮎釣りと温泉、その2,赤倉観光ホテル
2016/09/28/10:00(Wed)
絶景で有名な温泉ホテル
一度は泊まってみたいとリストアップしてましたが、たまたまセールのお部屋を見つけて予約しました。

セール理由としては5時チェツクインなのですが・・・雨で行き場所がないので3時に行ってみますと、
『このお天気ですものね、もう準備はできてますから、どうぞ』と、温かく迎え入れてくれました^^

やれやれホッ・・・
霧に包まれていますが、目の前の景色

0908 - 1 (10)

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(4) | ▲ top
また鮎釣りと温泉、その1,佐久平から野尻湖
2016/09/27/17:30(Tue)
9月に入ってから、私がいつかどうしても泊まりたいと願っていた温泉に行くことになりました。
泊まりたい宿がセールになっているのを見つけた時点で、残りは一日だけ、平日しか選択できません。

でも、この日もやはり台風の影響で雲ゆきが怪しい

0908 - 1

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
鮎釣りと温泉、その5、奥塩原新湯温泉
2016/09/22/10:00(Thu)
8月28日
帰る日ですが、同じ道を通るのがつまらないと運転手さんが言うので、それなら「奥塩原新湯温泉」に入りながら日光を抜けて帰りましょうと提案します^^

奥塩原温泉には元湯と新湯があるそうですが・・・その新湯に到着しますと・・・まだ火口がプツプツしてます。
日本中火口あり!ですね^^

0828 - 1 (3)

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(8) | ▲ top
鮎釣りと温泉、その4、南会津・檜枝岐温泉
2016/09/19/10:00(Mon)
前沢の曲家を見学してから、檜枝岐温泉に向かいます。
その前に大桃地区を通ったら『大桃の舞台』と言うのぼりを見つけて、立ち寄ってみました。

大通りから少し奥まった道沿いにあり、重要有形民俗文化財に指定されている農村舞台だそうです。

前沢 - 1 (31)

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
鮎釣りと温泉、その4、南会津・前沢集落
2016/09/18/10:00(Sun)
広大な蕎麦畑を後は、道を下って前沢集落を訪れます。茅葺屋根の曲家です。

南会津では曲家をちらほら見かけましたが、ここはまとまって残っているようです。
伝統的建造物群保存地区ということのようです。

駐車場で入場料を払って地区に入ります。
ただ、家々に普通に暮らしているので、内部を見学できるのは一軒だけです。
きちんと曲家として残っているのは9軒ぐらいだったかな?


前沢 - 1 (4)


この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
鮎釣りと温泉、その3、南会津・蕎麦畑
2016/09/16/10:00(Fri)
湯の花温泉のお蕎麦屋さんのご主人から教わった蕎麦畑を見に行きます。

たかつえ高原の手前です。
パラパラと雨が降り出しています。


0827 - 1 (25)


この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
鮎釣りと温泉、その2、南会津・木賊・湯の花温泉
2016/09/15/10:00(Thu)
翌日は予報通りというか、予報では午後から雨の予報でしたが、朝から雨降りです。

釣りはもうできませんので、温泉巡りに切り替えます。
この近辺は温泉だらけで、ワクワクします♨


まずは、木賊(とくさ)温泉
最初に「広瀬の湯」に行きますが、午後にならないとあかないそうで、出鼻をくじかれます

0827 - 1 (2)

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
鮎釣りと温泉、その1、南会津・古町温泉赤岩荘
2016/09/14/10:00(Wed)
8月の終わりごろ、南会津の伊南(いな)川まで行ってきました。
今年は伊南川で釣りたいと言い続ける相方、とくに、千曲川でがっかりして以来、よけいに言い出したので、私が宿を確保

途中、那須塩原近くの吊橋で休憩

0826 - 1 (5)


この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
クロアチア・スロベニアの旅日記、27、ドブロブニク・フリータイム
2016/09/12/10:00(Mon)
フランシスコ修道院の観光を終えると、ランチまでは短い時間ですが、フリータイムです。

観光中に見かけた路地裏散歩がしたくなります。

ここは珊瑚のお店のようです。
中国人客が喜びそうですが・・・じつは、ここクロアチアには中国人客がまだほとんど来て居ません。
ビザが必要だからだそうです。ある意味「今でしょ」とも言える環境です。

代わりに多いのはおとなりの韓国人ツァー客です。後は、超大型クルーザーが着けばアメリカ人でしょうか・・・

ドブ2 - 1 (40)

この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(4) | ▲ top
クロアチア・スロベニアの旅日記、26、ドブロブニクの旧市街
2016/09/11/14:00(Sun)
展望ロープウエィを下りて、再び旧市街へ戻り、朝とは違う門から入って市街観光です。

ドブ2 - 1 (3)


この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(0) | ▲ top
クロアチア・スロベニアの旅日記、25、ドブロブニクの城壁巡り
2016/09/10/10:00(Sat)
スロベニア・クロアチア・少しだけボスニアのツァーもいよいよ大詰め
最終日はドブロブニクの観光です。宮崎監督のアニメ『紅の豚』の舞台として有名なアドリア海に面する港町です。

前夜にドブロブニクに着き、大手旅行会社ゆえの優遇か、城壁は8時開門ですが、7時に特別入場させてもらえます。

跳ね橋の有るピレ門
ドブロブニクの守護神「聖ヴラホ」像が出迎えてくれます。

ドブ2 - 1



この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(0) | ▲ top
クロアチア・スロベニアの旅日記、24、モスタル旧市街
2016/09/09/10:00(Fri)
モスタル観光の目玉はなんといっても石橋のスタリ・モストです。


モスタル - 1 (62)

美しいネトレヴァ川にかかる石橋は、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争により粉々に破壊されました。
その様子のビデオは近くの情報センターで少しのお金で見ることができます。


この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(0) | ▲ top
クロアチア・スロベニアの旅日記、23、モスタルへ
2016/09/08/10:00(Thu)
翌朝、スプリットを出発してモスタルへ向かいます。
モスタルは、ボスニア・ヘルツェゴヴィナですので、途中クロアチアとの国境越えがあります。
ここは、スロベニア〜クロアチア〜ボスニア・ヘルツェゴヴィナ〜クロアチアと国境を超えるのと、長距離ドライブになるので、やはり最初はツァーが無難な旅のようです。

スロベニアからクロアチアに入るのとは、違う緊張感があります。
添乗員さんも少し神経質になっていて、決してカメラを出さないように指示されるし、どのくらいの時間がかかるかなど、その時の状況や係員次第のようです。

夏の海水浴シーズンになると、この国境越えがさらに大変になるそうで、時間が読めなくなって添乗員さん泣かせのようです。そういう意味では、ベストは夏と言われていても、ツァーは夏を外す理由の1つなのでしょう、もちろんバケーションで高くなるのも理由でしょうけど。

最初に通る予定の検問所が行ったら封鎖されてて、回り道・・・なんていう小さなトラブルはありましたが(どこにも案内は書かれていない!)、まずまず無事に通り抜けます。

さて、モスタル・・・今までの市街観光とは一味違っています。

いつもどおり、バス発着所から旧市街まで歩きます。

かなり新しい教会の横にあるバス発着所です。
隣には、旧ユーゴ時代のものと思われる集合住宅

モスタル - 1

この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(2) | ▲ top
クロアチア・スロベニアの旅日記、22、スプリット・フリータイム
2016/09/07/10:00(Wed)
宮殿や大聖堂を観光した後に、約1時間のフリータイムがあります。
気が向くままに歩いてみます。

05262 - 1 (1)


この記事のURL | おでかけ 旧ユーゴ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
夏の信州、その5,大法寺とお盆
2016/09/06/10:00(Tue)
前日の宿を出てすぐの石仏

大法寺 - 1 (6)

この日はまず青木村の大法寺へ向かいます
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
夏の信州、その4、沓掛温泉 満山荘
2016/09/05/10:00(Mon)
「満山荘」という宿の名前にピンッ!ときた方は、温泉好きな方でしょうね^^

実は、満山荘は以前は奥山田温泉にありました。
私も何度か泊まりたくてトライしたのですが、自分が行きたい週末にうまく予約が取れた試しがなかったのです。
しかも、奥山田は遠いので、なかなか行く機会がありませんでした。

それがある時、廃業!と聞いて、えぇ~~?!  残念無念でした。


ところが、今年の7月に高峰温泉に宿泊した折に、なんと『満山荘』のパンフレットが置いてあったのです。
しかも、場所を沓掛温泉に変えていました。沓掛なら松本からも近いし去年泊まった田沢温泉とは目と鼻の先、ダメ元でお盆の時期の空室を聞いたら、なんと空いていたのです。 宣伝もほとんどしていないし・・・ということでした。

確かに、高地で眺望が良い奥山田と、沓掛では違うかもしれないけれど・・・この時期に8月に入ってから予約が取れるなんて、言うことなしではないですか^^

義姉も誘ったのですが、お盆直前で忙しいと断られ、コボちゃんと3人で泊まることになりました。

日本秘湯を守る会の宿、満山荘です。

沓掛 - 1

この記事のURL | おでかけ 温泉 | CM(2) | ▲ top
夏の信州、その3,石仏たち
2016/09/04/10:00(Sun)
お蕎麦屋さんに、「望月の石仏たち」というガイドマップがおいてありました。
前記事の根神社の石仏以外にもありそうなので、少しだけ探し歩くことにします。

夏の午後の日差しがいっぱい・・・少々暑すぎ^^;

石仏 - 1

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
夏の信州、その2,お蕎麦と根神社
2016/09/03/23:59(Sat)

布引観音を出ると、11時半です。
お昼の時間なので、美味しいお蕎麦を食べたいところです。

佐久でのお蕎麦食べログランキングをみると、あるお店が表示されますが、そのすぐそばにあるお蕎麦屋さんに電話で予約を取りました。 ワン友から教えてもらったお店で、以前に塩尻で食べた、こだわりのお蕎麦屋さんとも、つながりのあるお店です。

土地勘はまるでないのですが、途中で望月宿と言うところを通り抜けましたが、歩いてみたくなるような、とてもよい感じの宿場町でした。


さて、まずは腹ごしらえで、「くう庵」さん
のどかな田園の真ん中にありました。

佐久 - 1

この記事のURL | おでかけ | CM(6) | ▲ top
夏の信州、その1、布引観音
2016/09/01/18:00(Thu)

7月中旬の高峰高原〜上山田に続いて、お盆に再び信州へ
迎え火に合わせて、実家まで孫を連れて行きましたが、その前に関越道を使って小諸経由で遊びながら出かけました。

千曲川です。

布引 - 1 (1)

この記事のURL | おでかけ | CM(6) | ▲ top
| メイン |