GWは直島へ(その6)家プロジェクト、その2
2011/05/30/16:16(Mon)
『南寺』を鑑賞した後、荷物を預けてから家プロジェクトを鑑賞して回ります。

『角屋』
 ここは、家プロジェクトの最初の作品だったそうです。200年ほど前に建てられた家を、漆喰・本瓦の本来の元の姿に戻してから、宮島達男さんの作品を飾ります。

最初に見る「Sea of Time '98」は木造の室内に水が張られてプールのようになっていて、、その下に無数の発光体が瞬いているのですが、よく見ると全部1から9までの数字なんです。この作品は、島の人たちが参加して、数字のカウンタースピードを各自が決めて、しかも、自分のがどこに配置されているかも参加者にはわかるように証明書が手渡されたそうです。
訳のわからないアートが島の人に身近なモノになったのではないでしょうか。

家 角屋
この記事のURL | おでかけ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
GWは直島へ(その6)家プロジェクトその1『南寺』
2011/05/27/18:05(Fri)
GW2日目の豊島の帰りと3日目は、直島の本村地区を散策することにしました。

下の地図は、直島の南半分です。北半分は?という疑問を持たれた方は、素晴らしいです^^
私は、この島に来るまで見ていた島半分の地図になんの違和感も持たなくて、島に来て初めて北半分がなんたるかを知りました(汗;)、まあ、それは後の話にするとして・・・・

Fが宮浦というフェリー発着場で、今の島の中心地です。
ABCとあるのが、ベネッセハウスと周辺のミュージアム
そして、今回歩いたのが、右上の□内が本村地区といい、家プロジェクトと呼ばれる地域です。

直島地図


今は宮浦の方が大きなフェリーの発着場となっていますが、元々は、本村地区がこの島の中心地で、フェリー乗り場もあります。丘の上には城址もある城下町で、戦国時代には高松攻略の基地ともなっていたそうです。また、神社が2カ所、寺もいくつも集まっています。

それはさておき、過疎で廃屋になったり、古すぎて住み続けられない家をベネッセが買い取り、修復した上でいろいろなアーティストに好きなように(?)作品を作らせた! というのが、この家プロジェクトです。

こうした現代アートを点在させたことが良いか悪いか、好きか嫌いかは別にして、過疎地が活性化したことは確かだと思います。

  家プロ

2日目に豊島から戻った足で、本村地区を歩いてみましたが、17時を回ると(GW以外は16時半)すべて閉まっていて、足(バス)もなくなるので、なんとなく場所と雰囲気を確認しただけでした。でも、そのおかげで、3日目は回りやすくなりました。

5月4日はGW中でも最混雑する日だったようです。私たちが豊島から戻ったときの宮浦は大変なことになっていました。

高松行きのフェリー乗り場が大行列なんです!! 係員が声をからして整列させていましたが・・ヘタすると積み残される?そうなっても宿泊施設はないし・・・焦っている感じが見えます。

最終便ではなくてもこの混雑!を見てしまったので、翌日に高松まで戻るには、混雑を避けて早めのフェリーにしようと決めることができました。

この記事のURL | おでかけ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
スナップエンドウ
2011/05/27/12:43(Fri)
およそ日記なんていうのを付けるのが苦手なので、園芸日記も然り・・・

今年は急に思い立って野菜用のプランターを買ってスナップエンドウと小松菜とベビーリーフの種を蒔いたのが、たしか3月の大震災直前でした。(先見の明あり!だと自負したりして(笑;)


柴犬の光流がいなくなり、ワンとの共生と考えていた庭が根本的に違うものになっていく第一弾です。とはいえ、地植えする場所はなく、母のために去年こしらえた屋根付きベランダでのいわゆるベランダ菜園です。


なかなか育たなくて・・ようやくの初収穫は、GWの旅行から戻ってすぐでした。

    エンドウ1


この記事のURL | 野菜など | CM(10) | TB(0) | ▲ top
GWは直島へ(その5)豊島その2
2011/05/25/17:42(Wed)
豊島で、これだけは見ておかなくては!という二つの作品(前記事)を見たあとは、ぶらり島巡りです
途中で大木見つけて、いつもの寄り道~~

豊島04

近寄ってよく見ると、香川県の保存木になっていました。

豊島31


この記事のURL | おでかけ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
選手交代!(ビオラからペチュニアへ)
2011/05/24/17:55(Tue)
外の塀にプランターをかけています。冬の間はたいていビオラです。
そのビオラたちがとうとうが伸びきってしまったので、ペチュニアと交代しました。

アップし損ねていた今年のビオラたちです

パンジ- 110401


パンジ- 110402

この記事のURL | 花 は~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
根津 鷹匠
2011/05/23/15:25(Mon)
昨日は、3時頃からは雨予報で、しかも夕方には打ち合わせの方が来宅予定なので軽く散歩がてらにランチでも行こう! どこに行こうか~~~?

で、前から一度行ってみたかった根津のお蕎麦やさん『鷹匠』に行ってきました。

昨日は高速がガラ空きで、すいすいと着いたら開店30分前。しかし、すでに数人の客が並んでいる!! 暑い日差しの元、待ちました^^

鷹匠4

               鷹匠3

この記事のURL | 蕎麦が好き | CM(8) | TB(0) | ▲ top
GWは直島へ(その4)豊島美術館
2011/05/23/15:23(Mon)
GW二日目は、ホテルを8時半発・朝イチのバスに乗って宮浦港まで行きます。


豊島

フェリーの行き先は豊島・犬島です。どちらに行くかそれとも両方にするかなど、かなり迷ったのですが、豊島だけにしましたが、結果的には正解でした。

「豊島」とかいて「てしま」と読みます。地名人名って日本語は難しいですね。
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭の青花たち、2011第2弾!(シラーなど)
2011/05/20/18:10(Fri)
今年の庭の青花たち、第2弾です!

シラー・ペルビアナ(大蔓穂(おおつるぼ)) (ユリ科)

シラー2

小さな星のような花がピラミッドのように盛り上がって咲くので、かなり豪華です。
ただ、ウチの庭の場合、少し日陰にあるのは、年々花が小さくなっていくようで、来年あたりは消えるのではとちょっと心配です。

この記事のURL | 花 さ~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
モバイルテストです
2011/05/19/09:22(Thu)
アイフォンアプリにfc2を見つけたので,試しにアップしてみます。

年一回の検診で、7時半前に到着で50番台を確保してから、ゆっくりと腹ごしらえ♪



久しぶりに電車に乗り、優先席前に立って気がついた。和英中韓で書かれているが、中国語表記だと『身体不便者』なんですね。障害者という言い方には抵抗があるが、不便や不自由と呼ぶ方がまだ言いやすいなぁ…と、とりとめなく考えていました。後期高齢者など、とかくお役所用語は普通の感覚とはかけ離れているようです。

病院の待ち時間のヒマツブシです〜(^^;;
この記事のURL | つぶやき | CM(8) | TB(0) | ▲ top
庭の青花たち(リューココリネ・ブルンネラ)
2011/05/18/12:10(Wed)
GW前頃から、念願のリューココリネが咲き始めています

リューココリネ20110506

 リューココリネ・ディオン (ユリ科)  (2011.05.06)

この記事のURL | 花 ら~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
GWは直島へ(その3)ベネッセハウスと黄カボチャ
2011/05/17/17:17(Tue)
GW直島での二日目の朝です

部屋からの眺め

ベネッセ29    ベネッセ30

この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
GWは直島へ(その2)ベネッセミュージアムと黄カボチャ
2011/05/16/14:10(Mon)
地中美術館で頭を使って見終わると^^;、ちょうど夕食の予約時間です

この日の食事は、地中美術館からはバスですぐのベネッセミュージアムでの和食です。

直島050313

直島でのベネッセの建築物はほとんど(全部?)が安藤さんの作品です。

こちらの棟には館内にもたくさんのアートが飾られていますが、まずはお食事^^

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭の白花たち(アネモネとラナンキュラス)
2011/05/14/18:20(Sat)
GWの前後に咲いていたラナンキュラスの白

白花11043007
                (2011.05.06 庭の花)

白花11043001(←クリックすると拡大)GW前の(2011.0430)
この記事のURL | 花 ら~ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
GWは直島へ(その1)地中美術館
2011/05/13/13:00(Fri)
朝イチで高松に着いて、うどんやさん~栗林公園を巡ってから、お昼過ぎのフェリーに乗って、いざ目的地に向かいます

行き先は、こちら

栗林59
この記事のURL | おでかけ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
GWに栗林公園散策(その2)
2011/05/12/16:16(Thu)
5月3日の栗林公園の第2弾! 公園の南半分です

お茶をいただいた日暮亭から少し歩くと、もう一軒の茶室があります
鞠月亭は江戸時代初期の数寄屋づくりの建物です。

栗林42

この記事のURL | おでかけ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
GWに栗林公園散策(その1)
2011/05/11/16:50(Wed)
5月3日、おうどん食べて満足した後は、高松随一と言われる栗林公園(りつりんこうえん)散策です。
       栗林01

タクシーの運転手さんから、高松に来てこの公園を見ないなんてあり得ない!とまで言われましたが、本当に訪れてみて良かったです。

私は、岡山の後楽園には行ったことがないのですが、そこより立派だと、言う人がいます。たしかに、先日、地震直前に行った水戸の偕楽園よりはずっと素晴らしい庭園で、国指の特別名勝に指定されています。

2009年のミシュラン観光ガイドに「わざわざ訪れる価値のある場所」として☆☆☆に選定されているそうです。

全体の印象は、背後の紫雲山を借景とした回遊式大名庭園ですが、とにかく徹底的に造り込まれている人工庭園です。生駒家によって造営されはじめて、松平家(水戸黄門さんのお兄さん)に変わってから、さらに100年以上かけて作られた壮大な庭園だそうです。6つの池と13もの築山を配しています。

栗林という名前に反して、栗はどこかに申し訳程度に植えられているだけらしく、ほとんどが松の庭園です。


栗林11


この5月3日は、特に黄砂がひどい日で、視界が5キロ以下と悪かったのは残念でした。
この記事のURL | おでかけ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
庭の白花たち(ケマンソウ・オーニソガラムなど)
2011/05/11/15:00(Wed)
今年は、白い花ばかりと決めた場所以外にも、庭に白い花がかなり咲いています。
どうしても、好きな白を多く植えてしまいがちで、年々増えていくようです。

けまんそう(タイツリソウ)の白は、かろうじてこれ一輪だけです

11050606


この記事のURL | 庭・・・ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
高松でうどん食べた~~!(GW高松その1)
2011/05/10/17:45(Tue)
今年のGWは、5月3日の早朝に羽田を出発して、まずは機内で朝食

    11050302
この記事のURL | 美味口福 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
庭の白花たち(ベツレヘムの星・リクニスなど)
2011/05/09/23:00(Mon)
ナニワイバラついでに、GW前後に庭で咲いていた白い花たちをアップしておきましょう

ナニワイバラがある花壇は畳一畳分はないぐらいの狭さですが、一応ホワイトガーデンと称して、白い花をけっこう集めてあります。


薔薇のすぐ足下に咲く、『オーニソガラム ウンベラータム』 ベツレヘムの星という名前も^^;

11050403

この記事のURL | 庭・・・ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
ナニワイバラ
2011/05/07/10:45(Sat)
GW恒例のナニワイバラ(浪花茨・難波茨)が咲いています。

ナニワイバラ201104
             (2011.05.06 庭の花)

2005年のGWに、有田の陶器市に遊びに行って、なぜか陶器ではなく買ってきた苗3本(当時の記録は旧宅ドブログで、もう消えましたわ)

2本は枯れて、残りのたった1本ですが、GWに純白の花を楽しませてくれています。今年は、しっかりアーチになり、おかげで先住民のモンタナが消えかかっています。
この記事のURL | 花 は~ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
ヨシガモのヨシちゃん
2011/05/02/23:59(Mon)
いつもの散歩道の川からヒドリガモたちが居なくなりました。ということは、一緒にいたヨシガモも共に飛び立ちました。
今年初めてつがいになったヨシちゃん、秋にはまた同じ群れでくるのでしょうか?

来るとしたら、何羽で来るのかな?などと、秋の飛来が楽しみなような不安なようなところです。

↓は、めずらしく地上で草を食むヨシちゃん

ヨシ110201

ヨシガモのいる、ヒドリガモの群れ

0405ヨシ

この記事のURL | 鳥・虫 いろいろ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |