2010 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 07
川沿いの散歩道でバンと出会った日
2010/06/30(Wed) 16:30
今年の5月6月は、ここ数年と比べるとかなり雨が多いようです。
いつもの散歩道の川も、ヨシやフトイなど水草が生い茂り、隠れ場所もあるのでカルガモのヒナたちも安全に育っているようです。

さて、6月のはじめに、いつものように川面を見ながら歩いていると、草の陰で何かが動くのが目に入ります。

10060601

上手に隠れているのですが、見たことがない茶色の鳥なので、光流と興奮を抑えながらしばしカメラを向けますが・・・、巧妙に隠れていてなかなか全身が見えない

10060602

この記事のURL | 散歩道 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
インテグリフォリア系(とりあえず再開しようかな)
2010/06/29(Tue) 10:30
すっかりご無沙汰しております。6月ってこんなに暑いものでしたかしら。

休み始めたひと月前には思いもしなかったほど蒸し暑い日々となり、毎日汗をダラダラ流しながらも補給をしっかりしているので、相変わらず体重計の数字が減らない私です。


さて、休みグセがついてしまうと、更新が億劫になってしまうのですが、今年も咲いてくれた花たちに敬意を表して、重い腰をあげて画像ぐらいはアップしておくことにしました。


去年末に旧PCがクラッシュして以来、花のデータを記したエクセル表も消えてしまい、手に入れた経緯や品種名など、覚えているはずもなく、この花の名前なんだったっけ~~?ということが多くなっています。


とりあえず、並んで咲いている半つる性のインテグリフォリア系のクレマチスです。

10052641    10052642

青いのはリトルボーイでよかったかな? 

cle10052611

鮮やかな赤紫色のは、インスピレーションです。

           10052643


この地味な青紫色のベルは、篭口(ロウグチ)という名を持つ育てやすい名品です。

cle10052622   cle10052623

地味な色合いながら、ちらと見える花芯が黄色くぼってりとしていてなかなか可愛いのです。
インテグリフォリア系のクレマチスたちはつるもさほど伸びずに育てやすくて、毎年植えっぱなしでもいつの間にか咲き出す丈夫な子たちばかりです。

この記事のURL | クレマチス | CM(22) | TB(0) | ▲ top
| メイン |