京都の旅のシメはやはり京料理
2009/07/31/21:50(Fri)
同行者の馴染みのお店で、京都へ行くたびに寄っています。今回は、お昼に伺いました。
京料理「河久」さんは、アットホームなおもてなしをうたう和洋折衷の割烹です。

大将に女将さん、二代目さん・・と家族の温かさがお料理に表れています。料理は京風ですが、下町を思わせる粋な雰囲気のお店です。


     河久01


この記事のURL | 美味口福 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
京都にて「京都御所・特別参観」
2009/07/31/21:30(Fri)
ついワンコに目が行ってしまいます。警察犬などと書かれていれば尚更です

この子は、皇宮警察と・・・春に京都を訪れたとき、ちょうど特別参観の期間でした。


   御所01
この記事のURL | おでかけ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
いただきます^^
2009/07/30/16:30(Thu)
ワン友から手作りのちりめん山椒をいただきました^^

   0730ちりめん

関西出身の方で、週一作っていらっしゃるらしいだけあって、さすがに美味しいです。薄味で多めの山椒がぴりりッ・・癖になりそうですが、これ以上ご飯が美味しくすすんでしまったら困るぐらいなんです~~(^^;   

手間暇かかるものをありがたいことで、ごちそうさまです^^

今日は朝から晴れ上がって風も通るので、体が良く動きます。洗濯?回、布団干し・掃除と汗だくになりましたが、気持ち良いです。それでも、今夜は雨予報・・・?!


この記事のURL | 美味口福 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
雨あがりの庭
2009/07/29/10:20(Wed)
週初めに青空がのぞいたものの、ザァーッと雨が降り出したり、ぐずぐずとした空模様が続いています。昨夜中は音を立てて降っていましたが、今朝はなんとか曇り空を保っています。

今年は7月も乾燥機と除湿器が稼動しっ放しです。


それでも、今朝は庭でレインリリーが咲いているのを見つけて、雨上がりもまた良いものと思えました。

   レインリリー


ハブランサス(レインリリー) ヒガンバナ科  (2009.07.29 庭の花)

この記事のURL | 庭・・・ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
京料理「あと村」
2009/07/29/10:00(Wed)
京都旅行2日目の夕食

これまた、同行の友人の京都での知人から紹介されて伺いました。


  あと村01


まだ時期が数日早かったのですが、川床もある本格的な京料理屋さんです

   あと村02


この記事のURL | 美味口福 | TB(0) | ▲ top
千葉からの帰り道
2009/07/27/15:40(Mon)
※ 明日にしようと思ったけれど、で散歩中止なので雷が近付くまで続きを・・・

茨城県神栖市の公園内の花・・・

 09071246



     09071247   09071248


もう銀杏が黄緑色になっています・・09071250

この記事のURL | おでかけ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
銚子で昼食~神之池緑地公園
2009/07/27/14:30(Mon)
いつもの如く、直前に目的地を決める悪習のせいで、近隣のお店チェックが難しいのです。

一応、有名店らしい「一山いけす」というところで昼食にします。店内に大きないけすがあり、目の前は伊勢エビが大きさ別に入れられていました。

      09071231

大型バスが止まる大きな店構えで、観光客相手だったか・・と、正直ちょっぴり失敗したかなと思いましたが、まあ、待たされることもなく流れ作業の様なオーダーでサッと食べられたので御の字です。

お寿司は銚子の地物ではなかったのですが、伊勢エビの味噌汁と岩ガキが食べられたので、満足です♪
                           身もたっぷり^^

   09071232    09071233


      09071230

旬の地物を!と追加です。焼いたのしか食べられませんが、ぷっくり(^○^)

                09071234


この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
犬吠埼のお花たち
2009/07/26/15:00(Sun)
銚子の学習ガイドからの受け売りですが・・・
銚子の犬吠埼灯台は白亜紀(いつ?1億2000万年前!)の地質の上に建つそうです。
ですから、犬吠埼一帯は「白亜紀浅海堆積物」という国の天然記念物なんですって!

その頃の関東平野は海だったというから、銚子は凄く古くて強い岩盤だと言えますね。

さて、お勉強を続けて、植物編です

海岸の岩場や崖地は常に強い潮風にさらされています。元々は普通どこにでもある植物でも、独特の変化を遂げていたり、黒潮に乗って、北限と言われている植物もあるそうです。

この時期(7月半ば)にめだったのはスカシユリです。

  inubou-01


どこが違うかって・・・・私にわかるところは極端に茎が短いことです。

   inubou-02


   inubou-05

花は華やかですが、地面から花だけポコッと顔を出しています

   inubou-04


この記事のURL | おでかけ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
飯岡刑部岬~犬吠埼へ
2009/07/25/16:30(Sat)
◆ 京都の街歩きをアップしていたのに、あまりの鬱陶しい雨に嫌気がさして、千葉の海岸遊びを更新してしまった昨日・・・

さて、今日はどうしようかと思ったけれど、今日は青空になったので、ついでに千葉九十九里を続けてしまいましょう

飯岡の刑部岬(ぎょうぶみさき)の展望台から九十九里浜を望みます。
九十九里浜の説明はいらないかとも思いますが、ウィキより引用してみます

「九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県房総半島東岸にある刑部岬と太東崎の間の、旭市飯岡から一宮町東浪見までの、太平洋に面している約60キロの海岸。日本の白砂青松100選と日本の渚百選に選定されている。」そうです。

また、「古名は玉浦(玉の浦)であるが、源頼朝の命で6町(1町は約109メートル)を1里として、1里ごとに矢を立てたところ99本に達したという伝承から「九十九里浜」と言われるようになったとの説が有名です。」だそうです。

この刑部岬が九十九里浜の一方の端っこということになります。

真ん中より奥上に弓なりの浜が続いています。

  09071220

パラモーターが近付いてきました。相方が「難しくなさそうだから、やってみたいなぁ~」と呟いていましたが、このオジサン、その気になるとすぐやりかねないです。
昔々、スポーツカイトに凝っていたころ、持ち上げられて大変だったこともあったはずだけど・・・・・「エンジン付きで制御できるから安全だよ」とのたまう( ̄。 ̄)

   09071221


千葉は火力発電も凄いですが、風力発電の風車もあちこちに設置されています。

   09071222

さて、こちらが犬吠埼(いぬぼうざき)の灯台です。
日本地図の右端に突き出た部分ですね(^^)
富士山などの山や離島を除けば、日本国内で最も早い初日の出を拝むことができる場所なんだそうです。

    09071223

犬吠埼の「埼」  岬、崎、埼、碕の中でこの土偏の埼が用いられる岬は珍しいそうです。埼という地名が土偏の成り立ちのごとく、草木が生えない荒れ地が突出している地形を表すからだそうですが、じゃあ、埼玉はどうなるんでしょうね(笑;)



この展望台下の花たちは特殊らしいのですが・・・今日はもう息切れ&時間切れですので、この辺で~~~花はまたいつか (^。^;)フウ  


この記事のURL | おでかけ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
本当に梅雨明けしたの?
2009/07/24/10:30(Fri)
ここ数日ぐずぐずとしたお天気が続き、日食も観測できなかったし・・
今日は朝から嵐のような雨降りです。
今朝8時には23区西部には大雨・雷・洪水注意報が出ていました。娘たちも駅までの道でびしょ濡れになったことでしょう。いま、ようやく小降りになりましたが、まだ油断ができません。光流も室内にいれてます。

東京地方、梅雨明けしたのは本当でしょうか?


ぐずつく空模様を忘れてスッキリ したいから、先週遊んできた九十九里浜の青空でも載せておきましょう

 9901




 9902

この記事のURL | つぶやき | CM(18) | TB(0) | ▲ top
京都にて~小径・路地裏散歩
2009/07/17/14:44(Fri)
知らない街をぶらりと歩くのはとても楽しいが、それが京都なら尚更です。
目にするものがすべて面白く映ります。祇園周辺の起伏のある街は、足腰を鍛えるによさそうな散歩道です。

路地や小径には生活感が漂うので、あれこれ好奇心がくすぐられます

   京都路地1

この記事のURL | おでかけ | CM(19) | TB(0) | ▲ top
梅雨が明けて~~「スイレン・ウキクサの花?」
2009/07/16/09:20(Thu)
ジメジメ蒸し蒸しの梅雨明けを待っていましたが、明けた途端にうだるような猛暑到来です。
熱風は吹き付けますが、爽やかな風は当分無理そうです。

せめて、水辺の花でも眺めましょう

今年最初のスイレンです。

    スイレン09


こちらは、浮き草なのですが、どうやら花のようです。
この浮き草、ほんの1カップを去年買って以来、増え続けています。名前はわかりません。
今年は、この花?をいくつもみせてくれています。

    庭090538


この増えた浮き草を手水鉢に移さないでと頼んだのに移した誰かさん・・・・
・・・・やっぱり、2ミリほどのメダカがうようよしています。流されちゃうのに、どうしようかとも思いますがもう移す気力もなく、生き残る力のあるものだけ残ってもらいましょう。ただでさえ、鉢にわんさか泳いでいます。


この記事のURL | 庭・・・ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
京都にてゆっくりお茶を 「一保堂茶舗」
2009/07/16/09:00(Thu)
2日目の京都は朝から雨で、以前アップしたけれど北野天満宮での天神市は

そのあと、お店巡りなどして温かい飲み物が欲しくなった頃に、一保堂茶舗 を見つけたので、ここで一服です

      一保堂01



落ち着いた伝統的な外観の一保堂茶舗 喫茶室 嘉木 (いっぽどうちゃほ きっさしつ かぼく)
この記事のURL | 美味口福 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
京都にて「縁切り寺」
2009/07/15/15:50(Wed)
おばんざいを食べに行く前に、同行の友人が、面白いところに連れていってやると言うので、てくてく歩いて付いていきます。

着いたところは、安井金比羅宮
 
                京都縁切り1


通称、縁切寺・・・縁切り神社と言った方が正しいようです^^;

      京都縁切り2

天智天皇の代に藤原鎌足が創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、家門の隆昌と子孫の長久を祈ったことに始まります。 断ち物の祈願所として信仰されて、さらに、幸せな男女のえにしを妨げる全ての悪縁を絶ちきる・・というような由来が書かれています。
この記事のURL | おでかけ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
『ブルーボーイ』
2009/07/14/15:30(Tue)
インテグリフォリア系のクレマチスです

     ブルーボーイ

クレマチスといっても、このインテグリフォリア系は木立性でツルでは巻き付かないタイプです。
ただ、鉢ではなく庭の過酷な場所に植えてますので、やたら背丈が伸びた上に、多花といわれるほどには咲いてくれません。  ブルーというよりは柔らかい青紫色が俯いて梅雨に似合います。
この記事のURL | クレマチス | CM(8) | TB(0) | ▲ top
アリウムの仲間たち
2009/07/13/15:00(Mon)
春の庭のアリウムたちです。(かなり前のことですが、備忘録です~汗;)

   アリウム090502

アリウム・ロゼウム

       アリウム090501

この記事のURL | 花 あ~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
京都にて~おばんざいの店
2009/07/13/14:40(Mon)
さて、友人のまた知人の紹介で予約したおばんざいのお店「あ多知」
私たちが、○○を出てこれから行くと電話したのにあまりに早く着いたので近所をぶらぶらしていると、玄関前で女将さんが心配して待っていてくれました。

   あだち01


京都のおばんざいとはよく聞きますが、これを出してくれるお店で食べるのは初体験でした。

カウンターは10人ぐらい、私たち4人と別のグループ。皆さんネクタイをきちっとしたご年配で馴染みの方らしい様子です。小さなお座敷もあるようでしたが、こぢんまりとしています。
最初は遠慮していましたが、撮影させてもらいます

   あだち02

桜の終わりごろでしたので、お皿も桜模様です

この記事のURL | 美味口福 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
京都にて~北白川の疎水近く
2009/07/13/14:30(Mon)
京都の楽しみといえばやはりお食事。相方の友人は馴染みの和食屋さんにしたかったようですが、前回2度ほど同行した相方が「味の割には値段とサービスが・・・」と、言い出して友人を悩ませました(汗;)

そこで、友人の京都在住の知人の方に紹介していただいた、北白川にあるおばんざいのお店に予約をしてもらっています。初めてのお店に行くときはやはりドキドキワクワク^^、6時の約束でしたが、かなり前に着いてしまいました。すぐ横が疎水なので、ぶらぶら時間つぶしに散策します。


すぐ近くに、瀟洒な洋館が見えたので行ってみると、「駒井邸」と書かれ、内覧できるようになっていました。もっとも、その日は公開時間を過ぎて、門が閉まっていましたが、モダンな洋館です。

   駒井邸


後でネットで調べてみると、北白川疎水道沿いにあるスパニッシュ・スタイルの住宅で、京都大学理学部の駒井卓教授の私邸として建てられたそうです。今は記念館として日本ナショナルトラストの手で保存されているとのことでした。 桜の咲く頃に訪れて、中を拝見したいものです。


その疎水脇の遊歩道、もう少し先まで歩きますと、とてもレトロな建物というかボロ屋があらわれました。読めますか?どうやら、銀月アパートメントと書かれているようです。

   銀月アパート2

窓ガラスもかなり洒落ているし、ステンドグラスもはまっています。どうやら、戦前からあるらしいのです。
もう6時前・・・薄暗くなっているし同行者も居て、そこそこにしてきましたが、もう少し近くに寄ってデジイチで撮りたい、なかなか素敵な雰囲気でした。

   銀月アパート1

寮のようにも見えましたが、一角は工房として使われていました。これも、帰宅してから調べてみると、枝垂れ桜の季節には、知る人ぞ知る名所のようです。

京都は戦災を受けていないだけに、神社仏閣だけでなく普通の建物にも風情があります。。
この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
庭が・・・
2009/07/10/12:20(Fri)
さて、(1ヶ月半以上も前の京都旅行のことはともかく)、先月の終わりからの忙しさからようやく解放されつつあります。とはいっても、その間は手紙類や自室の片づけは後回しとなっていて、これまた厄介な積み重なり方をしています(滝汗;)

今日は強風でとても庭に出る気にはなりませんが、ひと息ついた昨日は半日は庭仕事でした。

通販の苗が届いてそのままでしたから、ずっと気がかりで何はともあれ時間ができたら植え替えです。
花は正直ですから、約2週間も手を入れていないとそれなりです^^;
今年は雨が多いせいかカタツムリとナメちゃんが活躍中で、あれ~~ヽ(´ー`)ノ ということも多いですヮ。


ユリが咲いているのは見えていましたが、もうくたびれはじめて倒れそうです
昨秋、ユリをあれこれ植え付けましたが、家人には雰囲気がそぐわないと不評です。
我が家では、華やかな花は浮いてしまうようです。

   090709ユリ

これは、去年のこぼれ種で増えたようです。名前が・・・去年のところで調べておかなくては、もう忘れてます

※追記・・・調べてみたら、原種系のバーベナでした。
バーベナ・ハスタータ 宿根草なので、こぼれ種ではなく根っこが残っていたようです。でも、去年ほど元気がありません。去年の7月の花を見ていたら、今年は咲いていないのがいくつも・・・・年を越して育てるのは難しいです。まだまだガーデナーとしては発展途上人(初心者ともいう・・・笑)

   09070901

今年は、撮らないうちにもうほとんどのギボウシが咲き終わっていますが、この原種らしいのだけが今は盛りと咲いています。


     090709ギボシ

他の園芸種のそれと違って、庭の片隅に追いやられていますが、なよなよとしないしっかりとした茎と花です


この記事のURL | 庭・・・ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
京都にて「清水寺周辺・・青龍苑」
2009/07/10/12:10(Fri)
智積院を出てから、清水寺周辺に向かいます

といっても清水寺は今回パスで、近くの骨董店を冷やかしがてら坂道を登って下って・・・

    清水坂2


                     清水坂
産寧坂を下って歩き疲れたところに、ちょうどイノダコーヒーの清水支店が現れてホッ^^

        イノダ02


スタバのカフェラテが好きな私には、イノダのコーヒーはやや苦めでお砂糖なしでは飲めないので、今回はコーヒーフロートにしました
 
      イノダ04


この記事のURL | おでかけ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
京都にて「三十三間堂~智積院」
2009/07/10/12:00(Fri)
(かなり前の^^;)京都一日目
この日は同行者夫人が行ったことがないというので、まず三十三間堂まで行きます。さすがに、ここは中学の修学旅行以来です。

   三十三間堂


あの頃の想い出としては、矢を射ったところやそのただ広さに驚き、しかも仏像だらけだったということぐらいしか覚えていませんでしたが、ン十年ぶりに見る建物と仏像たちは、また新たな感慨をもたらしてくれました。それにしても、きれいに整備されて見学しやすく手際がよいです。今回も修学旅行生たちと一緒でした。友だち同士とキャーキャーと喜んでいますが、これからン十年後に、もう一度訪れて感慨にふける人もいることでしょう。

         三十三間堂2
         (入り口の真正面に、なぜかすかんぽらしき草が・・・)


その後、すぐそばの智積院へ行って、長谷川等伯らの国宝の金碧障壁画を見に行きます。
「楓図」は等伯で、松は、弟子たちの絵だったと思います

   智積院03

               智積院04


智積院は、元は祥雲禅寺という名で、秀吉の晩年の子供で三歳で亡くなった鶴松(つるまつ)の菩提をとむらうために建てられたものです。
実物はもうすこしかすれた雰囲気ですが、それでも秀吉の時代ですから、当時の豪華絢爛さが実感できます。400年前ですが、かなり大胆でモダンとも言える構成でした。

同行の友人の受け売りですが、長谷川等伯という方は次は家康に招かれたほどの画家です。晩年は跡継ぎの長男を失い不幸が重なり、水墨画の世界に入り、その松林の絵がまた素晴らしいそうです。


この記事のURL | おでかけ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
京都にて「浮橋」
2009/07/08/16:30(Wed)
また季節が戻る(四月末の)京都です。

私は京都まで新幹線で一人でした。相方は、前夜に大阪出張泊でしたので、京都で落ち合うことにしたのです。たった数時間の一人旅ですが、これはウキウキしますね♪
友人が手配してくれた 新・都ホテルに荷物をおいてから、お昼ご飯を食べに行きます。

ホテルグランヴィア京都の「浮橋」でランチの浮橋弁当です。
この時は、平日金曜日のお昼、まだ早めの時間でしたが、店内はほとんど女性客で埋まってました。
 

posted by (C)光流&エドママ

籠のお弁当箱や抹茶アイスクリームが、京都に来たことを実感させてくれます。
この記事のURL | 美味口福 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
『アオテアロアとエミリー・プラター』
2009/07/08/16:10(Wed)
ほぼ一週間ぶりの更新となります。まだ完全ではないのですが、少し時間を盗むことができました^^ 訪問するのはもう少し時間を下さい <(._.)> 

夕べの満月は雲との重なり方もほどよく、素敵でした。エド父がなかなか戻ってこないので、エドと深夜の散歩をしながら、たっぷりの月光浴を楽しみました

途中まで迎えに来たエド父を見て、ちぎれんばかりに尻尾を振り振り、ものすごくはしゃいで騒ぐエドを見ると「誰が散歩に連れ出したの? このオバカさんワンが・・・」と呟きたくなります(笑;)
エド父にとっては、これ以上幸せなお出迎えはないことでしょう(笑)

いつもどおり、季節は少し戻る庭の花たちです^^

南側の隣家通路のフェンスは、うちの庭の中では一番日当たりと良いところです。
そこに数種類のクレマチスを混植していますが、少し前にこの青紫色と藤色の2種類がほぼ同時に咲いていました。

アオテアロア 
   フェンス090610


エミリー・プラター
   フェンス090611



この記事のURL | クレマチス | CM(4) | TB(0) | ▲ top
半夏生
2009/07/02/20:30(Thu)
前記事でコメントいただいたofuuさんのところを読み逃げするつもりでクリックしたら、きれいな半夏生が・・・・今日でしたね。

ちょうど撮り置いてあった、今年の庭のハンゲショウです。
この花ばかりは、名前と暦日が一緒ですから、季節はずれは哀しいかなぁ~~と、とりあえず急きょアップです(^^)
玄関先に植えたけれど、まるで咲かないので裏口へ移したはずなのですが、なぜか一本残って居て今年は咲いてくれました。この根強さは、ドクダミのそれと同じ・・なんて考えると少し興がそがれますが・・・(汗;)

    ハンゲショウ

去年(こちらに)も書いたけれど、花を見ると高校一年生に戻れる想い出の花です。

ofuuさん、タイミング良くコメントくださってありがとうございます



この記事のURL | 花 は~ | CM(18) | TB(0) | ▲ top
むし・むし・むし・むし
2009/07/01/16:20(Wed)

雨続きで、蒸し蒸しする日が続いています。去年、扇風機を買おうとしたら、無かった!教訓で、エド用の扇風機を買ってきました。まだ今年は数が揃っていました。

            ロリーポップ
              ロリーポップ (ユリ)   (2009.05 庭の花)

公園の散歩道で出会った花たち

ホザキナナカマドかニワナナカマドか?区別が付かないのですが、この時期に可愛い白い花です

   09061202


   09061203


   0905公園01


   0905公園03


   0905公園02


   0905公園04

虫もこのあたりは可愛いものですが・・・・


・・・・虫が苦手な方はこのあとは無視してくださいね
この記事のURL | 暮らし | CM(14) | TB(0) | ▲ top
少し前の庭の花(バイカカラマツ・ギンランなど)
2009/07/01/16:10(Wed)
7月に載せるには、少し前・・というか、かなり前の庭の花
夏物バーゲンも始まっていることですので、下書きに入っている画像一掃中・・

まず、バイカカラマツ3種

  バイカカラマツ090506
     バイカカラマツ090505    バイカカラマツ090502

それに、ギンラン

     ギンラン090503
               ギンランとギボウシの大小
                     ギンラン090502


あとは、マーガレットなどの西洋もの

    マーガレット090501   

この記事のURL | 庭・・・ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |