晩秋のアナベルさん
2008/11/24/23:59(Mon)
秋色のアナベルさん

   アナベル081104


去年の今ごろは、こうなるはずのアナベルさんに恋い焦がれていたんだっけ~~

  アナベル081102



この記事のURL | 花 あ~ | CM(20) | TB(0) | ▲ top
今夕の富士山
2008/11/19/22:30(Wed)
11月19日、散歩のあとに日曜大工センターまでひとっ走り
時間的に間に合うかな~~と、わざわざ遠回りして、富士見橋通りを通り抜けてみる

ちょうど富士見橋に通りかかる頃は、もう日は暮れていたが、夕焼け小やけ♪ 
空があまりに素敵だったから、これだけは今夜中に急いでアップしましょう
雲をまとわせているらしく、少しいびつな富士山

    08111903


今朝は、富士山が綺麗ですとラジオから流れていたが、見にでる暇なし・・昼前に見た富士は、やはり薄衣ををまとっていました。でも、2~3日前よりも更に白さを増したことは見て取れました。

日中はけっこう暖かかったのに、夕暮れ前の公園は風が冷たく,耳が痛いと感じたのは、久しぶりです。北風小僧の寒太郎くんが跳び回りはじめたようです。


成城の富士見橋より眺めた夕空♪
家の傍でいつも見る富士山とは向きは微妙に違うのと、手前の山々の連なりがまるで異なるものの、これまたさえぎるもののない雄大な眺めです。


   08111902

帰宅して見たTVニュースでは、今年一番の寒気が流れ込み、日本海側では軒並み初雪が降ったことを伝えています。それぞれ去年よりひと月ほど早いそうです。明日は、関東も相当冷え込むらしいです。
散歩も、パーカーに帽子にマフラー・・(マスクも・・?)の装備を用意しなくては


インフルエンザの予防注射は、もう月初めには済ませたけれど、今年は寒くなる予感がします。新型インフルエンザの予防マスクや消毒液など、少しずつ準備中です。2ヵ月分の備蓄にはまだまだ到底間に合わない・・・
この記事のURL | 富士山 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
「葉から芽 (子宝草)」
2008/11/19/09:00(Wed)

    葉から芽0806


お隣からいただいて以来数年・・我が家では「葉から芽」と呼んでいる葉っぱです。

    葉から芽0801

セイロンベンケイソウの仲間で、子宝草(クローンコエ)という名のようです

    葉から芽0802


この記事のURL | 花 は~ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
赤い飛行機・・「飛行機草」
2008/11/18/09:00(Tue)
夏に飛んでいた・・いえ、植えた「ヒコウキソウ (飛行機草)」  
                     飛行機草1

近ごろ紅葉しています

    飛行機2


ちょっと広い場所に移動させてみましょう・・・こんなに成長しました
蝶というか蛾が飛んでいるみたい~~という家族もおりますが・・・(汗;)

     飛行機草4


先っぽに花も咲いています。花を見ると、マメ科の植物だと納得できます
 
  飛行機草5

非耐寒性ということですので、葉が落ちたらサヨナラ~かなと思いますが、もうしばらく楽しませてもらいましょう

この記事のURL | 花 は~ | CM(14) | TB(0) | ▲ top
11月初めの花たち
2008/11/17/07:00(Mon)
昨日は冷たい雨降りとなりましたが、先週末の小春日和に、久しぶりに2日続きで庭の手入れができました。
その前の11月の初めの庭の花たちの記録です

   08111701


この記事のURL | 花いろいろ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
汐留「チャイナブルー」
2008/11/16/22:00(Sun)
もうひと月ほど前ですが、娘と汐留で待ち合わせてランチランラン♪

    08102800

互いに病院帰りの身、せめてたまの都心でのランチぐらいは華々しくいこうか!と、
コンラッド東京へ初めて足を踏み入れる。。 このホテルのエントランスは、やけに入りにくい雰囲気なのですが、エレベーターを上がれば、ロビー&レストラン街
                   08102820

和洋中、どれにするか迷いましたが、ホテルでランチなどまずもって滅多にないことなので、この際だからと ミシュラン☆ の「 CHINA BLUE(チャイナブルー)」にします。


前面ガラス張りで、東京湾に面していますから、とても開放的な雰囲気です。11時半ということで、まだガラガラでした。 ビジネスランチ風のお客さんと有閑マダム風の方々がチラホラ^^  チャイナブルーというだけあって、ブルーの大きな照明が特徴的ですが、ワインセラーもそびえているという雰囲気でした。


眩しいぐらいの光のなかで、まず前菜
       08102804



この記事のURL | 美味口福 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
久しぶりの青空(^○^)
2008/11/13/09:00(Thu)
6日ぶりに青空が広がった東京
お天気次第で鬱屈していた心も解放され、風邪の影響もほとんどない状態に戻りました

 今朝の富士山です

   08111302



いつも望遠レンズで切りとっていますので、肉眼ではこんな感じでしょうか
これでも、望遠にしていますから、もう少し遠く小さいかな(笑;)

   08111303


気持ちの良い朝となりました。

午前中に掃除洗濯の家事を終えて、午後は庭仕事に励む予定です
この記事のURL | 庭・・・ | CM(18) | TB(0) | ▲ top
いつものお散歩♪
2008/11/12/23:30(Wed)
いつもの夕方のワンとの散歩

11月のはじめは、ここからダイヤモンド富士が見える時期なのですが、曇りや雨が多くて・・・・この日もどんよりと曇っていた日でしたが、真正面だけ眩しい夕焼け空でした。富士の姿はとうとう見えずじまい
    (散歩はいつもチビデジカメなので、ピンぼけですが・・)

     08110512


時は前後しますが、10月30日の散歩・・・いつもの川沿いを歩いていると、なにやら雰囲気が違うのです

そう、甲高いピーとかピーヨとか、バチャバチャという水音で賑やかです
渡りの鴨さんたちが到着したばかりのようで、羽ばたきをしたり興奮している様子でした。

   08103001

オナガガモやヒヨドリガモなどおとなしめのカモたちが先に到着したようです。
中に、ひと組だけ羽色の違うのはハシビロかな?・・これから、いつもの散歩道に川を覗く楽しみが増えました。
       08103002


この記事のURL | 散歩道 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
築地市場へ
2008/11/06/15:30(Thu)
朝食抜きで検査をした、ある日

病院の目の前は築地市場・・・中途半端なブランチはここでとぶらつく^^

正門入って右側は本格的市場だけど、もう10時過ぎには終了して荷が行き交います

まっすぐ歩いてから左に回ると場内市場がずらりと並んでいます
有次とか、籠やさんなど道具類が端っこにあり・・・
    08103101

3列目辺り?に、お目当てのお寿司やさんがあるのだけれども・・・・
噂通りの長蛇の列・・・・手前の「寿司大(だい)」と3軒ほどさきの「大和(だいわ)寿司」・・ほぼ同じぐらいの行列ですが、大和のほうがお店が大きい分、人の流れが早そうな気配で、そちらに並びます。最後尾はここですか?と若いカップルに聞いたら、首をかしげるのです。どうやら、アジア系の外国人でした^^。身振りで、オーケーとなり、その後に並びます。

回りをよく見ると、ほとんどが観光客、欧米人もいますが、台湾か韓国の旅行客がおおいようです。お店の前にも英語・中国語・韓国語で説明書きがされています。

40~50分待ちという話でしたし、「寿司大」はまるで行列が動く様子が見えないけれど、「大和」の方は意外に流れます・・それに、お一人様ということで、17~8人抜きぐらいで店内に入れました。とてもラッキーなことに、たぶん15分ぐらいしか並んでいない感じです。

   08103102

カウンターの場合には迷惑をかけるから写真を撮らないことにしていますが、これだけ並んだし、目の前の職人さんが気っぷの良くて明るく話すご主人?のようでしたので、許可をもらって記念に一枚だけ撮らせてもらいます。

4人ぐらいが同時に座ったし、せわしい雰囲気ですから、皆さんおみそ汁付きで3500円のセットです。 でも、苦手なものを伝えれば、変えて貰えます。
最初は南洋のトロですが、あとで大間の中トロもでました。けっこう厚切りで、〆の穴子まで美味しくいただきました。じっくりお酒を飲みながら~~なんていう食事には向きませんが、美味しいお寿司を手軽な料金でいただけて、ハッピーなブランチとなりました♪

   08103103


後でぶらつくと、回りにはたくさんのお寿司やさんがあるのですが、この2軒ほど並んでいるお店はありませんでした。ガイドブックのせいなのか、やはり食べ比べた結果の人気店なのか・・・? どうなのでしょうねぇ・・?
この記事のURL | 美味口福 | CM(15) | TB(0) | ▲ top
エドを探せ!
2008/11/06/14:50(Thu)
霧ヶ峰の大会を20日に終えて、23日に末っ子を迎えに行きました。

エドはどこにいるのかな?
  08102324

エドッ子は・・・見つかりましたね?
    08102302

またまたエドはどこかな?
   08102301


藪に潜り込むものだから、顔中が引っ付き虫(イノコズチ)だらけになっています(笑)

  08102326



この場所は、私たちが幼い頃遊んだ野原や自然のまんまが残っています。ゲームもオモチャもなかったけれど、終日外で真っ黒に日焼けして遊びまくっていた私たちって幸せだったんだなぁと思います。コンクリートに囲まれて、隣の子同士で通信ゲームなどやってる今どきの子ども達は、ある程度の年齢になったときに、それなりに幸せな幼児期だっあなぁと想い出すものなのでしょうかしらね?


さて、この日の遊び場は一面がアカマンマ(犬蓼)になっていました

08102315 08102317

なにアザミかな?      
08102316 08102319


黄色い花?・・・※ 「コセンダングサ」と J-ママさんから教えていただきました。
ありがとうございます <(_ _)> 
08102318 08102320  

跳べッ バッタ!  力を振り絞れ!
08102325 08102321




この記事のURL | つぶやき | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ホトトギス
2008/11/01/12:30(Sat)
10月中楽しませて貰った庭のホトトギスも、そろそろ終わりかけです。以前は、ホトトギスと思っていましたが、花の咲き方から、うちのは台湾ホトトギスのようです。園芸種として売られているのはこちらが多いらしいです。日本のは、もうすこし奥ゆかしく花が付くようです。

  ホトトギス03     ホトトギス0802


タイワンホトトギス(台湾杜鵑) ユリ科  ホトトギス属  (2008.10 庭の花)

     ホトトギス0802
    
  
日本では、鳥のほととぎすの胸から連想した名付けだそうですが、ほととぎすをしげしげと見たことがない自分としては、英名のガマガエルのユリという名に妙に納得してしまうのです (^^;

花言葉は、「永遠にあなたのもの」・・と深い愛の言葉です。
深い愛と言えば、家族や子どもはもちろんですが、最近は、子どもをダシにしたいわゆる『おれおれ詐欺』が横行しているようです。

我が家にも、息子や老婆がいるからか、最近には珍しく警察官の巡回もありました。
そんなある日・・・・
この記事のURL | 花 は~ | CM(32) | TB(0) | ▲ top
| メイン |