7月の花、まとめて
2008/07/31/15:00(Thu)
今日で7月ももう終わり、明日からは8月
7月に咲いていた花たち、更新できなかった中で、画像ができているのだけ、とりあえずまとめて記録しておきます

しばらくぶりのアネモネ、エレガンスローズ
      0807アネモネ

ネジバナ
        ネジ080701


  ネジ080702


この記事のURL | 花いろいろ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
久しぶりのピッツァ~~ワンたち
2008/07/31/14:55(Thu)
27日の映画の後は腹ごしらえ・・・となりの伊勢丹で少しだけ買い物をしていたら12時の鐘が鳴ってしまい、あわててレストラン街へ急いだけれど、夏休みの日曜日を甘く見てはいけない・・・すでにどこも長蛇の列

「AGIO」の前で辛抱強く待ってから、久しぶりに 窯焼きピッツァを頼んでみます。
前菜とカボチャの冷製スープが美味しかったけれど、写真どころではなくすぐにかぶりついていました。
08072710

こちらは、娘が頼んだジャガイモのニョッキ・・・予想以上の重さに二人とも4~5個でギブアップです。 残してゴメンナサイな
08072711

ティラミスはクリーミーかつしっかりと重量感もあり、さすがにイタリアンのお店ならではのお味でした
08072712

白桃のパンナコッタが軽くて、両方とも半々でちょうどいい塩梅にお腹におさまります♪
08072713

食後にすぐ電車で帰宅して、ひと休みしたら今度は 横浜へ
この記事のURL | 美味口福 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
映画「崖の上のポニョ」
2008/07/30/01:23(Wed)
日曜日に、「崖の上のポニョ」を見て、愛と幸せに浸ってきました^^
違う映画を見たかったのですが、午後に横浜まで行く別用の時間と折り合わず、朝イチで見られるポニョにしたのです。

     ポニョ


宮崎作品はほぼ映画館で見ているので、これもやはり外せません。
今までの作品と比べて、アレコレ言われてはいるようですが、見終わって幸せな気分になれると言うことでは文句なしです。 今までと一番違うのは、3歳児以下でも入場オーケーの映画ということだとおもいます。しかも、大人でも子どもの心に戻れる人なら十分に楽しめる絵本のような映画なのです。

今の時代に、CGではなく手書きにこだわったというだけあって、絵がとても綺麗なので、絵本をめくる気持ちで観られました。なんと言っても、ポニョが可愛いし、音楽がとても良い♪

        ポニョ2

2008 日本 アニメ
原作・脚本・監督  宮崎駿
2008.07.27  新宿ピカデリーにて

たまたま、私たちの両隣はお父さんと子どもという組み合わせでした。しかも、左は1才ぐらい?右も3才児?という雰囲気で、入館早々は静かに観られるのかとても心配でした。
左の子はやはり幼すぎて、(たぶん、子守りを頼まれた若いお父さんが、自分も楽しみたくてはいった?という雰囲気でしたが、)ぐずって上映寸前にあえなく退場してしまいました。

右の子はすこしだけオニイチャンの感じでしたが、始まる前に若いお父さんが静かにしているようにそっと言い聞かせているのです。おしっこをしたくなっても、騒がないでそのまましていいよ(まだオムツなの!)とか・・・とても微笑ましいのです。実際の上映時にも、ポニョの危機に小さい声で「ポニョがポニョが・・」と言うぐらいで、お父さんが「大丈夫・・」と言ってなだめていて、こんな親子なら成長してとても良い関係が築けるに違いないと希望が持てたのです。

この映画自体も、愛・特に家族愛と母性と父性の違いが主題だと思いますから、そういう意味で、この3才以下入場オーケーということで、とても素敵な体験をさせていただきました。
この記事のURL | 映画・音楽・本 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
踊りませんか?(セージの赤・白・黒)
2008/07/26/11:50(Sat)
「さぁ、踊りましょう♪」というように、たいてい2輪ずつ寄り添って咲く花です。

     08061101

                           (2008.06.12 庭の花)

チェリーセージ  ホットリップス(サルビア・ミクロフィラ) シソ科  サルビア属
     08062437

                           (2008.06.24 庭の花)
   
毎年、花付きがよいのですが、なぜか咲き進むに連れて、真っ赤だった花がだんだん白くなっていくのです。 時間が経つと、口紅がとれちゃうようです  (^。^;)

     チェリー0807
                           (2008.07.18 庭の花)
この色になるころにはかなり暴れて広がるので,蒸れてしまうから、かなり刈り込みます。
少し暑さが落ち着く来月の半ばにはまた咲き始めることでしょう。今度は何色かな?


一方、こちらは、ディスカラー セージ

サルビアの黒い花です
    0807セージ黒1

ディスカラーセージ    シソ科  サルビア属     (2008.07  庭の花)
葉っぱや茎は白というかいわゆるシルバーリーフなのですが、花はうつむきながらもかなり黒に近いので、存在感があります。花が咲いていない時期でもシルバーが緑に変化をつけてくれます
     0807黒セージ2

ペルー原産で耐暑性があるというので庭植えにしましたが、耐寒性が無いらしいのです。マルチングしても冬越しは難しいでしょうか。一年草扱いかなとは思いますが、来年まで生き残って欲しいです
 
この記事のURL | 花いろいろ | CM(14) | TB(0) | ▲ top
ポンテデリアなど・水辺の花たち
2008/07/25/17:00(Fri)
今日は、外の気温計は38度を指しています。
今年の睡蓮はまだですが、水鉢ではポンテデリアが咲いています。

※ 追記 最初の投稿時に、濁点を打ち間違えてポンデテリア・・とタイトルに表記していました。正しくはポンテデリアです<(_ _)>

↓はそのつぼみです

  08070920

スクスクと伸びて、茎の高さは80~90センチぐらいでしょうか
背が高すぎて  茎が倒れてしまうのが難です。
                08062451



ポンテデリア(長葉水葵) ミズアオイ科  耐寒性多年草  北米原産

   08062411


     08062418





       08062417



かえって暑苦しくなりましたでしょうか・・



この記事のURL | 花 は~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
残念なカラスウリ
2008/07/24/19:30(Thu)
夏の夜の花といえば、これに限ります!!
涼しげで存在感たっぷりなこのカラスウリは、毎年家のすぐ近くの散歩道に咲くので楽しみにしています。

去年はこんな感じで咲いていました。今年は更新できないと思っていましたが、Happy♪ camera eyes.のかぷちーのさんが綺麗に撮られているので、残念無念な気持ちを更新してみましょう。


雨上がりの夕方の散歩道です。 しぼんだ花の回りはカタツムリだらけでした

     08カラス01

夕方の6時過ぎですから、風船のように膨らんだつぼみが少しずつ弾けるところでした。

     08カラス02

夜中にならないと開ききらないけれど、いつでも撮れるからと、安心しきっていました

     08カラス03

ところが、夜に〒ポストに投函することになり、カメラ片手に子どもを連れていきましたら・・・・無い・・・花がというより蔓が引き抜かれていました (;´Д`A ```~~~

税金対策で名目農地にしてある梅と柿の畑を囲んでいる垣根に這っているツル植物たちですが、垣根を枯らすほどではないから、放っておいてほしいのですが、そうもいきませんかしら


咲いている場所は他にも知っていますが、夜中に歩いて行く気にはなれないし・・・今年は諦めです。夜の散歩が寂しくなりました。

この記事のURL | 散歩道 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
いよいよ夏休み♪
2008/07/24/16:00(Thu)
今年はいつもより早く私の夏休みが始まりました♪

なんて言っても、何も特別なお楽しみは無いのですが、連休明けた昨日から相方が出張で不在になります。昨日は朝5時起きで、相方と荷物を新宿まで送ってきました。

例年8月に入ってからなのですが、今年はもう一か所行くところが増えて、そのまま回るそうです。まあ、亭主元気でなんとやら~~~なのです。

             08072011

子どもたちが小さい頃は、折角の夏休みなのにどこにも連れて行かれず、一人で奮闘もしましたが、今となれば行くところも無しです。


それよりも、昨日は朝7時に家に戻り、朝ご飯食べてすぐに片付けもせずそのまま母を病院まで連れていきました。病気とは言えないのですが、本人にとってはその加齢現象が辛くてたまらないそうで毎日不調を訴えます。ひとりにされるのを不安がるので、遊びに行くのも遠出はままなりません。
この3週間ほどの夏休みは、平常はなかなか手が着けられない面倒な片付け仕事でもやっつけてしまいましょうか

そうとはいえ、昨日は、病院で読み始めた「居眠り巌音」さんを封印しきれず、PCにも向かわずに夜中の2時までで完読・・・(皆さまのところプチご無沙汰の理由のひとつです)
灯りを消してという相方がいないと夜更かし三昧になりそうです


この記事のURL | つぶやき | CM(6) | TB(0) | ▲ top
3連休終わってやれやれ・・
2008/07/23/16:40(Wed)
3連休以来、(光流の調子が悪く、別宅にかかかかりきりだったりして・・;)すっかりこちらの更新時間がなくなりご無沙汰してました

この3連休は、お天気がよすぎて休む暇無しでした。 楽しい遊びとは無縁です。

ところで、連休初日の土曜日に、息子が黒竹を4株ほど欲しいというので、近所の村田永楽園への買い出しを手伝います。
自分用にもつい12鉢ほど買ってしまいましたが、これ全部で5000円にお釣りが来る・・・幸せです
上代が値札についていますが、支払はほぼ半額でした(^○^)

08072001

連休の2日目以後は、この苗の植え付けと草取りに汗水垂らしたことは言うまでもありません


午後は、涼しくなってから末っ子のエドとの面会に横浜までひとっ走りです


この記事のURL | つぶやき | CM(12) | TB(0) | ▲ top
素敵な訪問者♪
2008/07/18/22:22(Fri)
今日は、朝から予定外の庭仕事 で、(○`ε´○)ぶーっ……(その理由はまた後日)
汗水垂らしながら仕事をしましたら、ご褒美がもらえました^^(理由の主に感謝するつもりはないけれど・・)

クルクルと飛び回る蝶の羽には瑠璃色の輝きが………
08071801

これは、J-ママさんの「ジョンのいる日々」に載っていたルリタテハではないかしら?

J-ママさんが撮っていた蝶よりは、かなりボロでお疲れの羽ですが、それでも、この瑠璃色は映えます。
08071802

裏側はバッチイ色ですが・・・
08071803
こうして幹に止まれば、完全に雑木の擬態ですね。遠目には見つからなくなります
08071804
この記事のURL | 鳥・虫 いろいろ | CM(24) | TB(0) | ▲ top
『 白麗 』
2008/07/18/16:30(Fri)
「おーっほっほっほ」と笑うお嬢様の略称ではありません
クレマチスの品種名です。でも、気品のある花は、クレマチス界のお嬢様のようです

     白麗0611


《 白麗 》  小輪        (08.07.01 庭の花)
クレマチス キンポウゲ科  クレマチス属  インテグリフォリア系
強剪定  開花後切り戻すと40日くらいでまた咲く


今年は鉢から庭に下ろしましたが、なんとか元気で、もう3番花になりますか・・・木立性30センチぐらいの高さのクレマチスです。
クレマチスとひとくくりにしても。ツルでないものもあるのです。インテグリフォリア系といって、つるにならない木立性で半釣り鐘型の花です。

木立性のクレマチスでは、他に有名どころでは『篭口』という品種があるのですが、鉢から庭に移したら、見事に消えました(泣;)  来年は、また鉢植えで復活させたいです。

これは小さめの花で下向きに咲いて、しかも花がねじれていて面白いのです。 芳香があるらしいのですが、さほど強くないので花を近づけてクンクンしてやっとというぐらいです。

     0806白麗


だんだん捻れが増してきます
     0806hakurei2


つぼみでも気品があります
     08062445

この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
迷子の子鴨ちゃん
2008/07/17/12:00(Thu)
先日の川沿いの散歩、子ガモがたった一羽でいるのを見つけました。流されてしまったのか迷子のようです。
鴨062302

怯えて、入り組んだ奥に入って隠れようとしているのですが、近付いたカルガモの成鳥に追い出されたりしています。可哀想ですが、どうすることもできない・・・
鴨062303



その前に見た、カルガモ一家の片割れかしらと、探しに行くと、なんというタイミングか、2組が同じ場所にいました。
この記事のURL | 散歩道 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
公園散歩
2008/07/17/12:00(Thu)
少し前の公園散歩です
大輪のダリア
0807公園03


フタリシズカ(二人静)に実が付いてますか?0807公園04

終わりかけの紫陽花が夕陽に染まる一瞬0807公園06

6時頃に公園でいつも見かける鳥の群れです。・・・望遠の利かないチビデジですが、緑色のインコなのです。4~5羽ずつに分かれていますが、全部で20羽ぐらいはいるようです。
0807公園007
この記事のURL | つぶやき | CM(4) | TB(0) | ▲ top
散歩道にて、実3種
2008/07/17/11:30(Thu)
ちろりん村とクルミの木なんて言っても通じる人の方が少ないかもしれませんが
クルミの実がなっています。
0807クルミ

カシグルミ(樫胡桃)だと思いますが、大木です。ご近所では、花や実が落ちるがままなのをよく思わない人もいるようです。狭い道沿いですから仕方ないですが、この緑をみるとホッとします。
         0807クルミ2

セイヨウヒイラギ(クリスマス・ホーリー)もたわわに実ってます。
0807クリスマスホーリー

この頃の暑さでは、この実が真っ赤になる初冬の風景が思い浮かびません。毎年の繰り返しだというのに
0807クリスマスホーリー2


遊歩道のムベも実ってますが
0807ムベ

大きく育ったのはみたことがないです。 通学路ですから、子どもたちのいいおもちゃでしょう
     0807ムベ2
この記事のURL | 散歩道 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
とても残念なことに
2008/07/16/15:30(Wed)
大好きな原種系のクレマチスのセンニンソウ(仙人草)
先週末に、葉にこんな↓ポチポチとオレンジ色がついて、変色し始めている葉もあって、あれ?病気かな?・・と少しだけ様子を見るつもりでしたが・・・
    08071601
月曜にはあっという間に全体がまっ茶々になってしまって慌てました。月曜には、病院へ行っていたので処置できなくて、昨日はとうとう根こそぎ抜く羽目になりました(泣;)

                  08071602
ここまでかなりツルを伸ばして、今年の夏は仙人のおヒゲが見られるかと楽しみにしていたのに残念でした。 隣には、これまた来春を楽しみにしているアーマンディがすくすくと伸びている途中ですから、感染しては大変と薬を入念に散布しました。この際、無農薬なんて悠長なことは言ってられない事態です。

去年別の場所に植えていたセンニンソウも途中でダウンしました。ウチの庭には合わないようです。

この記事のURL | クレマチス | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今日のクレマチス(ピンク系)
2008/07/14/17:00(Mon)
緑のカーテン運動に協力すると言うほどではないけれど、西日の強い窓格子に這わせたのがようやく、窓に到達しました。(今までは窓下の壁の花でした)
《 ダッチェス オブ アルバニー 》
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  テキセンシス系
     アルバ<br />ニー0710


先日までのダイアナさん。
オベリスクのかなり上のところで咲いていますので、この撮影後に、かなり刈り込みました。今は、一輪挿しで室内で楽しんでいます。ひと月ぐらい休んだら、また咲いてね♪
     ダイアナ0710


この記事のURL | クレマチス | CM(11) | TB(0) | ▲ top
少し前のクレマチス(紫系)
2008/07/14/16:30(Mon)
春に鉢から庭に植え替えるときに、うっかり者の誰かさんσ(^_^)が 新芽を折ってしまったミケリテ
他のより遅れて、ようやくツルを伸ばして先月末にようやく花が咲き出しました。
根っこさえしっかりしていれば、ちゃんと咲いてくれるところがいい子だね

     ミケリテ01

《 ミケリテ 》    (2008.06   庭植え)
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ビチセラ系  新枝咲き 強剪定

     ミケリテ03


ミケリテと一緒のオベリスクにからませているミセス・ジュリア・コレボン
去年あれほど鉢植えで咲いたのに、庭植にした途端に花付きが悪くなり悲しい。やはり、クレマチスはお日さまがしっかり当たらないと元気になれないらしい
この記事のURL | クレマチス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シジミと共に、バーベナ2種
2008/07/11/16:30(Fri)
ヤマトシジミの雌が、遊びに来てくれました。
(※追記7/12 京都の鳥見人さまとJ-ママさまに教えていただきました。いつもありがとうございます<(_ _)> J-ママさまの「ジョンのいる日々」の蝶は素晴らしいです♪)

この日は、アゲハもカラスアゲハ(?)も飛んできましたが,ジッとしてくれたのはこの子だけでした。

カカリア(絵筆菊)の青色にとまり・・
  08070910

ブルースターでしばし休息(あるいはお食事)
     08070911

お次はバーベナへ
         08070912

シジミだけあって、表側もジミです
  08070913


クルクルと庭を回っていましたが、お気に入りはこのバーベナのようです
     バーベナ0807


バーベナ・ハスタータ    クマツヅラ科  バーベナ属


もうひとつ、バーベナ ポナリエンシスという苗を春に2株植えたのですが・・・これが大失敗でした
この記事のURL | 花 は~ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
今日の庭は みどりいろ
2008/07/10/11:30(Thu)
花壇に高さが欲しいと植えてみたひと株のフェンネル、ひょろひょろと伸びるばかりでしたが、ようやくつぼみを付けました
黄色い花もいいけれど、この緑色のつぼみが可愛いのです
  08070903

スィート フェンネル (茴香、ういきょう)  セリ科   (2008.07.09 庭の花)
        08070904


フェンネルの葉の優しい緑のカーテン越しにアナベルを見てみます
     08070906


真っ白だったアナベルも、もうすっかり緑色・・・3~4本だけ切ってドライ用にぶら下げて、あとはこのまま立ち枯れさせましょうか・・・
08070907


一昨日は草取り開始30分後に降り出した雨は土砂降りに・・
昨日は朝から絶好な曇り空・・・小一時間だけと決めて朝のうちに草取りしました
先週末のように暑くなれば、もう庭に出る元気はなくなるから、今のうちと思うけれど、あまりの草の多さに大汗;

雨上がり 増えるは草と 顔のしみ ・・・
この記事のURL | 花いろいろ | CM(10) | TB(2) | ▲ top
訓練所の花
2008/07/08/16:16(Tue)
横浜にある警察犬訓練所。
去年ぐらいから所長さん園芸に熱心になり、枝垂れ桜を植えたり、クレマチスや薔薇もいろいろ・・・グランドが季節より色とりどりとなっています。

先日咲いていた白薔薇(他のはすでに手入れ済みでした)
08070620

木槿
08070621


08070622


鮮やかな石榴
08070623
この記事のURL | 花いろいろ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
末っ子エドとの面会
2008/07/08/15:30(Tue)
日曜日に、4月から再び訓練所に預けているエドと面会してきました。まず最初に私を見つけて、泥足で飛びかかって来たかと思うと、エド父を見つけてピョンピョン飛びついて甘えます(爆;)

08070604

トーサン、カーサン!!と、散々飛びついた挙げ句、ようやく落ち着いてきました(^▽^;) 
08070605


この日は、エドの訓練状況の授業参観でしたが、親だけでなく、エドのきょうだいや従兄弟たちまで一緒に参観&遊びます(笑;)

遊び綱をもらって(獲って?)うれしそうなエドが左下
08070610


先生所有のシェパードとエドの綱引きです・・u-------w-------- オーレー!
08070612

ひたすら静かに引っ張り合っていた2頭のうなり声が大きくなったら先生の呼び戻しでさっと離れるシェパードちゃん・・遊んでいるまっ最中なのに・・さすが!!

この呼び戻しが、おじさん三人組には一番難しいらしい(一番の基本の筈なのにね・・滝汗;)
この記事のURL | わんこ  | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『 ギンバイカ、ヒペリカム 』
2008/07/07/09:30(Mon)
6月に「りんどうのつぶやき」のmicoさんのブログで見た『ギンバイカ』
実物を見たいなぁと願っていたら散歩道で見つけることができました。

こうして、ブログで初めて見知った花との出会いはふるふると震えるぐらいうれしい一瞬で、やったー!と心の中で叫んでいました。

     08061309


ギンバイカ(銀梅花、銀香木、マートル)  フトモモ科   (2008.06.29  散歩道)
純白の花に長くて多数の雄しべがとても清楚ながら華やかです
     08061310

wikiによると、「ローマ時代から女神に捧げる花として用いられ、その後も結婚式などの祝い事に使われ、純潔を象徴するともされて花嫁のブーケに使われる祝いの木とも呼ばれる」・・そうです。
また、ハーブとして花も葉も茎もまた秋に熟した実も食べられるとか・・きれいな上に良いことずくめの植物と聞くと、庭先に一本欲しくなりました。


これにそっくりな黄色い花が 金糸梅やビヨウヤナギですが、こちらはオトギリソウ科で別物ということです。オトギリソウ(弟切草)という物騒な名前は薬草として使われるところから生じた故事によるものだそうです。

公園で見つけた ヒペリカム(小坊主弟切草)も金梅花とでも呼びたくなるほど似ています。
     08061305


ヒペリカム(小坊主弟切草) オトギリソウ科  (2008.06.29 公園)

 
この記事のURL | 花 か~ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
公園の花
2008/07/07/00:30(Mon)
柴犬の光流と散歩する公園。 ところどころにボランティアらしき愛好家が植えている花壇があります。(愛犬家としては、本当はドッグランを設置してもらいたい場所なのです。お隣のゲートボール場はあまり利用されていないのに、きれいに管理されている・・・ブツブツ)
08061308


濃い紅色のユリが鮮やかです
08061307


ラベンダーも今が盛りで、とても良い香りがしていてうれしい
公園080601

名前を失念中の黄色い花
08061301

思い出せない・・・;
08061302

ムシトリナデシコ
ムシトリナデシコ

オオキンケイギク(大金鶏菊)も咲き始めているけれど・・・
08061303

この勝負、勝者はどちら?  自然界は厳しいね
08061304

アーティチョーク(朝鮮薊)もあるけれど、もう少し若くないと美味しくないのでしょうね
もちろん、公園の花ですから食べませんよ(^^; 
公園080701
この記事のURL | 花いろいろ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ジキタリス・トロヤナ(ケジキタリス)
2008/07/05/14:00(Sat)
春に、ジキタリスの白が欲しかったのだけど、園芸店になくて、「ジキタリス・トロヤナ」という名札のついた小さな苗を買ってきたときは、ジキタリスの小型バージョンかなと思っていました。しかし、薬草(=毒草)と名高いジキタリスの中でも薬効の強い「ケジキタリス」だったとは、咲いたあとでわかったのです。

       0806ジキタリス


ジキタリス・トロヤナ(ケジキタリス) ゴマノハグサ科  (2008.05~07 庭の花)
ケジキタリスのケとは、花の中に文字通り『 毛 』が生えているからだそうです。

ジキタリスの中でも特に薬効が高いと言うことは、毒も強いと言うことでしょう (;^_^A アセアセ・・・
     薬用植物図鑑によると、『 全草に強心配糖体が含まれ、強心薬ジゴキシン(gigoxin)、デスラノシド(deslanoside)、ラナトシド(lanatoside C)の製造原料として有用である 』そうです。

     ジキタリス2

2年草ということですが、ワンたちはマサカ食べないよね~~~、咲き終わったらぬこうかなぁ

きれいな花には棘がある。あまり綺麗ではないけれど毛のある花には毒がある(ナンチャッテサ・・;)
この記事のURL | 花 さ~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
庭のアーチ作り、バーバスカム、ペンステモン
2008/07/04/14:30(Fri)
前に木製のアーチがありました10年ほど前の母の日に、相方と子どもたちがヤマホロシ(蔓花茄子)をプレゼントしてくれて、それを這わせるために作ったものでした。しかし、いつしかヤマホロシは弱り、あまり好きではない羽衣ジャスミンの住処ととなり足元が腐り始めてとうとう花壇作りと共に撤去しました。

今度は、クレマチス・モンタナとナニワイバラを這わせたいので、幅が150センチぐらいのを散々探しましたが、これというのが無く、このD通販のアーチで手を打つことにしました。

アルミ製なら何十年も腐らなくていいのですが、鉄製の約10倍のお値段。こちらの命運が尽きれば無用の長物と化すかもしれない。10分の1のお値段で10年ぐらいが寿命の鉄製で我慢しましょう。中国製で、梅雨の晴れ間に組み立てましたが、約1時間かかりました (^。^;)フウ  

枯れたかに見えて、地面すれすれに刈り込んだナニワイバラの最後の一本。元気に復活中です。

  08062430

↑来年は無理でしょうが、うまくいけば再来年には咲いてくれるかな^^

↓反対側からは、ピンクのモンタナ。
       08062431

今ツルがぐんぐん成長中で、来年の春が楽しみです♪


さて、このアーチの横で咲いている白い花は、バーバスカム・ホワイト
               08062432

バーバスカム・ホワイト(毛蕊花モウズイカ) ゴマノハグサ科 モウズイカ属 
 耐寒性2年草または多年草   原産地:トルコ~西アジア  (2008.06~07 庭の花)

次から次へ脇芽を伸ばして下から上へ咲き続けてくれています
   08061220


幅をとらない割に咲き続けてくれるので、来年もこれは絶対植えよう^^
イギリスでは、花茎や葉を乾燥させて、綿が導入されるまでのランプの灯心につかわれていたそうです。
   08062433


ひとつひとつの花も可愛い
   08062440



前に名前のわからなかった花、ひとつ判明しました^^
この記事のURL | 庭・・・ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
休日の野川公園
2008/07/04/13:50(Fri)
少し前の野川公園

   野川0601

  
今でも隣地はアメリカンスクールだし、以前は国際基督教大学のゴルフ場だった場所だけに、広い芝生が広がっているので、気持ち良いです。

ハンモックでお昼寝zzz・・・なんて、幸せなんでしょう
いつか、ハンモック持っていってお昼寝体験したいなぁ

   野川0602


ただ、私はゴルフをしないので、ゴルフ場がみんなが楽しめる公園になったのはうれしいことです。 (農薬漬けになっている緑なんかいらない・・・)
この木の白い花はミズキかな?ちょっと違う?

   野川0603


春に白く咲いていたハクウンボクの実がなっていました

   野川0604
この記事のURL | わんこ  | CM(2) | TB(0) | ▲ top
何もこんなところで産まなくても・・
2008/07/03/12:15(Thu)
いつも柴の光流と散歩する公園。
きのうの夕方行ったら、ちょうど七夕飾りが取り付けられたところでした。 近隣の子どもたちのお願い事が叶うといいですね

    08070201


さてさて、この公園で一番人通りの多い駐車場の真ん前、広場横の道路脇の空き地でカルガモ(軽鴨)が抱卵を始めたそうです。

何もこんなところで産まなくてもいいのに・・!!と思いますが、人が多ければカラスにやられる可能性が低いのではないかと軽鴨さんなりに頭を使ったのでしょうか

昨日は段ボール箱で守られていましたが、・・・聞くところによると数日前から空き地の上で抱卵していたそうです。 
ここ数日間、その前を最低3回は通り過ぎているはずですが、まるで気付かなかったのは少々ショックです。注意力散漫もいいところですね、でも、本当に、マサカの場所です^^

    08070202


前の道路側に切り口があるというので、ワンを繋いでからそーーっと覗いてみました。

おかあさん、頑張ってます (^-^)v
ヘラみたいな嘴が見えます。 刺激しては可哀想なので、急いで一枚だけパチリさせてもらいました。

    08070203


しかし、無事に生まれたとして、どうやって川まで行くのでしょうか?
前は道路です・・・心配は尽きないです


今年は、川で夏を迎える鴨が少ないのです。毎年、毎日ほど見る子ガモたち・・今年は6月の末までに2組見ただけでした。それだけ、環境が悪化してるのでしょうか・・・カラスも多いですw

たまたま、6月末にもうひと組がハーブ園のすぐ前の川にいるのを見つけました。これで、今年見たのは3組目です。
    08062801


普通は、軽鴨の子育てはメスだけが担当するのですが、なぜか、このグループには親鳥が2羽寄り添っていました。ちょっと不思議です。
この記事のURL | 散歩道 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
ラベンダー・雨
2008/07/02/16:30(Wed)
少し前でしたが、いつもの公園で会ったワン友のゆうかあさんから、ラベンダーバンドルズをいただきました。ありがとう^^
手仕事が大の苦手のわたしとしては、こんな細かい手仕事ができる人は本当に尊敬しちゃいます
   ラベンダーバンドルズ1

生のラベンダーがリボンで編み込まれています (@_@)    とてもいい香り♪
   ラベンダーバンドルズ2



この記事のURL | 暮らし | CM(8) | TB(0) | ▲ top
念願の『アナベル 』
2008/07/01/15:00(Tue)
花壇を作ったら必ず植えようと決めていた花があります。それがこの白い紫陽花のアナベルです。
いわゆる日本原産のガクアジサイやそれから作られたセイヨウアジサイとは少し花も葉もが違うアメリカ原産らしい紫陽花です。
白から緑色に咲き進むといわれていますが、蕾の頃も緑っぽいです

    アナベル080605


花壇を作る前から欲しいと騒いでいたので、庭師さんが3本も植えてくれて、念願叶って、この梅雨はたっぷり楽しませてもらいました。
    アナベル080628


《 アナベル 》 ハイドランジア(西洋アジサイ)  ユキノシタ科  (2008.06 庭の花)

本来の花はまだかわいい蕾で、すこし緑がかっています^^
花びらに見えるのは萼で、まあ装飾花といわれています
   アナベル080612


真ん中の小さい花が咲き始めています
   アナベル080611


こういう咲き方は、まるでガクアジサイのようです
    アナベル080623






この記事のURL | 花 あ~ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン |