『 シロマンエ(白万重)』
2008/06/30/20:30(Mon)
やや盛りを過ぎた白万重ですが、まるで菊の花のようです
誰ですか?白まんじゅうと読んだのは(笑;)  食べられませんョ  

       シロマンエ02

《シロマンエ(白万重) 》 Florida Alba Plena ( 2008.06.24 庭の花 )
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  フロリダ系   強剪定  


花弁の外側から花芯に向かって、白から薄い緑のグラデーションになる八重咲^^と言うかそれ以上なので万重咲きと言うのが似合う花です

蕾から花が満開になるまで表情が変わるので飽きない品種です。

   シロマンエ01


花後の剪定は、花から2~3節くらい下で弱剪定すると、剪定後40~50日で二番花を楽しめます。
弱剪定   しかし、2~3年に一度、つるの更新をかねて、開花後に地際より40~50cmくらいで
強剪定をし、株全体の若返りをはかります。


去年は鉢植えから地面に植へ替え、そして今年はさらに花壇へ移植なんて、手荒な扱いをしたので、今年のテッセン同様、花後に消えてしまわないかな?と心配しましたが、なんとか持ちこたえてくれています

ただ、一番と二番花は↓で、地面すれすれ相当ひどい状態で心配しました。ここでしっかり根付いてくれれば、来年はもう少し楽しめるかなと思います。
シロマンエ0806



この記事のURL | クレマチス | CM(8) | TB(0) | ▲ top
6月の花いろいろ
2008/06/29/23:59(Sun)
もう明日で6月が終わってしまいます。一年間の半分が過ぎたと思うと、ちょっと寂しくなります。 ともあれ、6月までに咲いていた花の記録がまだかなり残っていて焦っています。全面的に庭が夏の花に衣替えする前に、少しだけ頑張って記録しておきます。

オーニソガラムだと思うけれど定かではない   たぶんユリ科
これは、かなり前6月の初めか5月末だったかもしれない
   オニソガラム0806



雰囲気は似ているけれど、ツルバキア・ビオラセア   
   ツルバキア3


       ツルバキア2


ピンクと白の源平咲きが可愛い、サルビア・コクシネア(コーラルニンフ)
    サルビアピンク0806


サントリーの苗のリトル・チュチュ、これとラベンダーは一緒の鉢植えです
バレリーナの服みたいに可愛く花いっぱいの下草
   シュシュ080601


満開の富良野ラベンダー
   ラベンダー0806


ペラルゴニュームだったかな???
   08061121


宿根ネメシアの白だと思うけれど・・・
   08061122


リシマキア コンゲスティフロラ   サクラソウ科
  リシマキア

前からある花だけど、花壇作りの過程で消えたと思っていましたが、違う場所で咲き始めました。以前からのは消えてしまった花が多い中、しぶとく生き残ったようです。力強い黄色です
  リシマキア2


お隣のカエデのとんぼ
飛んできたらしく、庭の片隅で実生が芽を出していますが、植え替えて育てるか抜くかは思案中です。大きくなるから、それだけの場所が確保できそうもない
   カエデの花
この記事のURL | 庭・・・ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
また、名前がわからない花だけど
2008/06/29/23:50(Sun)
3月のオープンガーデンで買ってきた、名札のないロゼットの苗2株
トゲトゲの葉っぱが大きくなるものの、なかなか伸びない咲かない。薊かな?
     08060521


1メートル近く伸びて、ようやく咲きましたが、アレ?と拍子抜けするぐらい可愛らしい

     08061101

でも、このとても日当たりの良い場所に、これだけの幅を取るトゲトゲの葉っぱとこの花・・・来年は別のものに変更になるでしょう(削除!がうまく行けばですが・・)
     08061720

           (2008.06.17 庭の花)
この記事のURL | 庭・・・ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅シロップ
2008/06/28/13:00(Sat)
紫さんのところで、梅シロップを見て飲みたくなって早速作りました。
真似して実をひと晩冷凍したので、早くできたのはよいのですが、ホワイトリカーで拭かなかったら少し発酵しかけています。半分はまるで甘くない頂きものの梅酒瓶に注ぎ入れ、残り半分はせっせと飲むことにします。

有機無農薬の赤く熟した南高梅が昨日手に入ったので、また梅シロップにするか梅干しにするか迷っています。
 
     梅シロップ



最近、ペットボトルのフタを集めています。ペットボトルのフタで途上国の子どもたちにポリオワクチンを贈ろうという運動があると聞いたからです。
1ヶ月でこのぐらいたまりました。 ペットボトル飲料の飲み過ぎですね~~

     フタ


最初は、新宿周辺のセブンイレブンの店頭で集めていると言う話を聞いたからですが、通っているトレーニングジムでも近ごろ集め始めたので持っていくのが簡単になりました。

最初はガセネタじゃないの?本当に贈られるの?なんて懐疑的でしたが、エコキャップ推進協会によると400個が10円に相当するそうです。20円で一人分のワクチンになるそうですから800個のフタで一人が救われる計算です。捨てるもので拾われる人生があるのなら、なるべくうまく進んでほしい活動です。

このジムでは一回30分のトレーニング中に500ccの水を必ず飲むようにいわれてますので、その場でもかなり集まります。(私は、家からボトルに水を詰めて持っていきますが・(^_^;))

自治体でも、ペットボトル本体の回収を積極的に勧めていて、我が街では、機械に入れると商店街のカードポイントが貯まる仕組みになっています。  ただ、家でまとめておくと場所が要るのが難です。週一の資源ゴミの日までにたまる段ボールやビン・缶を見ると、この中身がすべてお腹に入っているのを思い知らされて、メタボなお腹をじっと見つめてしまいますヮ・・・ (¬_¬)ジトー 
この記事のURL | 暮らし | CM(7) | TB(0) | ▲ top
『コクリュウ(黒竜)』
2008/06/28/10:30(Sat)
黒竜という勇ましい名前ですが、ガーデニングでは縁の下の力持ちのような健気な植物です
リュウノヒゲより一回り大きい葉です。ときおり緑色も覗きますが、黒紫色がコンテナや下草として甘い色合いの花たちや緑色を少しだけ引き締めるアクセントになります。

リュウノヒゲほどは増えないからか、園芸店でもあまり無くてお値段も多少高めです。
今年、ひと株だけ花が咲きました
 黒竜1


コクリュウ(黒竜・オオバジャノヒゲ)  ユリ科 ジャノヒゲ属  (2008.06.16 庭の花)

        黒竜2


うっすら紫色で、意外に肉厚の花です。カメラを下から差し込むので、この程度がギリギリですか・・

花が咲けば、実がなるのが待ち遠しいのですが、実ってくれるでしょうか
この記事のURL | 花 か~ | CM(6) | TB(0) | ▲ top
花火のように
2008/06/27/13:30(Fri)
ただ今、爆発中!

     ルリタマ1



爆発後はこんなモニャモニャです^^

   ルリタマ2




この記事のURL | 花 ら~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
(光流と)公園の草花たち
2008/06/26/12:00(Thu)
ワン連れで毎日散歩する楽しみのひとつは、小さな花たちを見つけることです。

いつも行く公園は、都立公園だというのに、驚くほど放置されています
今は筑波大と名を変えて移転した元教育大学付属農場だった場所だけに、湿地や草地が広がり、公園地を拡張したいけれど移転してもらえない家屋も点在して(例の凶悪事件で移転できない家屋もあり・・ (_ _。)・・・シュン)

いくら頼んでも、他の都立公園にあるようなドッグランを作ってくれるつもりは無さそうですが、その放置状態が、ワンの散歩をするには恰好の場所です。

雑草とひとくくりにしてしまうけれど、それぞれに名前があって、環境に即してしたたかに生き抜いていく草たち。帰化植物とかアレルギー源とか嫌われるけれど、それもまた時代を映していてのを考えるのも楽しいです。子ども時代に慣れ親しんだ草もあれば、見たこともないような新しい植物も有ります。
 野川紫


最近は、オオバコよりもこのヘラオオバコ(箆大葉子 )が目立ちます
     k061108


でこにでもあるギシギシなどもあるとホッとして好きなんです(^^; 
          08060604


k061109


      k061101


          k061106


k061107


   08060603


        08051412


昼咲き0806


         k061112
この記事のURL | 散歩道 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
散歩道の花、時計草
2008/06/26/10:30(Thu)
散歩道で見かけた時計草。 これが時計の文字盤に見えるか、それとも十字架にはりつけにされたキリストと後光に見えるか・・・花の名前は文化そのものですね
     0611時計草2

トケイソウ(時計草、パッション・フラワー) コンスタンス・エリオット  トケイソウ科(2008.06.11 散歩道)
  0611時計草1


       0611時計草3



斑入りドクダミもこの季節には綺麗です。
 0611ドクダミ


大輪で華やかなクレマチスも見かけました
      08051413


あちこちで、クチナシの香りかするようになりました。雨の中にふわっと香ってくると、五感を味わえることへの喜びがあふれてきます。
 k061102

 
この記事のURL | 散歩道 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
枇杷の実
2008/06/24/17:00(Tue)
先週でしたが、母の故郷から冷蔵便で枇杷が送られてきました。
  枇杷2



離婚して、二人の子どもを育て上げた従姉妹からです。暮らしぶりを知っているだけにうれしいやら悪いやら・・・、「庭の枇杷をもいだから」と、・・うれしい贈りものです。

     枇杷1

こちらで買ったものよりずっと美味しかったよ~~ ありがとう^^
この記事のURL | 暮らし | CM(11) | TB(0) | ▲ top
イタリアンのち鮨♪
2008/06/23/12:30(Mon)
先週末の土曜日は、大雨の予報・・(でも曇りのち小雨でした)
雨ならばと、平和島の骨董市で古いものを眺めて遊んだあとは、新しいミッドタウンに流れました
   08062101


相方が行ったことが無いというので見物がてらお昼を食べにいったのですが、1Fのイタリアンが長蛇の行列で、2Fのイタリアンレストラン「VINOTECA」へ変更。ランチオーダー終了間際でした。こちらは、窓際のスネークカウンター(カウンターが蛇行している)が面白いのですが、厨房向きしか空いていませんでした。
ブリフィックスメニューなので、3人三様でえらんでシェアします^^

私が選んだのは、前菜は、白身魚のマリネ
ランチ062101

ブロッコリーのパスタ
ランチ062102

それと、チキンのワイン煮です。
ランチ062103


連れが選んだのはポークソテー、ソースが美味しかったですランチ062104



一度帰宅しましたが、疲れたので夕飯を作りたくなくて、母の分だけ簡単に用意してから、また出かけます。

西荻窪の和陶器屋さんの半額セールに行きたかったのも理由のひとつです
ここのご主人、根っからお好きなのでしょうね、絶対に買わない(買えない)のに、400万円近い作家ものまで奥から出してくれていろいろお話ししてくれるのも楽しく、目の保養をしながら、ごくごく普段使いの食器を買ってきます(半額は大きい)。同じものをデパートでも売っているのを知っていますから、こちらのセールは見逃せません。
ここ数年、お気に入りなのが平戸焼きの中里月努務さんの作品。精緻な図柄に惚れています。しかも半額ならなお素敵♪ 

夕飯は、ネットで探したお鮨やさんへ
「鮨たなか」打ちっ放しのコンクリートに暖簾一枚、雨の夜だと見落としそうな店構えです。
鮨たなか

予約時に座敷しか空いていないと言われてましたが、その小上がりも座卓が一席有るだけでカウンターは何人ぐらいかな?10数人程度のこぢんまりとしたお店でした。
座敷だし、初めてなのでお任せにしましたが、小振りで上品なつくりで、1かんずつなのでいろいろなものが食べられて、とても美味しいです。カウンターで握っているご主人も気持ちの良さそうな方で、常連さんが多い雰囲気でした。 一人だけお酒と肴付きでしたが、お会計もそこそこ思ったよりお安く、ネットで評判になる訳が納得です。もう少し近ければ時々寄りたいお店です。次はカウンターがいいなぁ^^
この記事のURL | 美味口福 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ありがとう ターシャ・テューダーさん
2008/06/21/23:50(Sat)
ターシャ・テューダーさんが亡くなられた。 夕刊の訃報欄には92才とある。
彼女を初めて知ったのは6~7年前、素敵な彼女のガーデンの写真集からでした。
ターシャ・デューダーのガーデン」はいくら見ても見飽きることのない本です。
その素晴らしい人生の歩み方と庭の素晴らしさに魅了されて、その後に立て続けに2冊の本を購入して見入ったものでした。『おもうとおりに歩めばいいのよ」は、ターシャの言葉を集めた本ですが、時折手にするだけで心が温かくなるのです。
『生きているだけでもありがたいとおもいませんか。・・見慣れた空の星だって、年に一度しか見られないと思えば、感動するでしょう?」

     ターシャ

2005年には、そのターシャ・テューダーの庭をNHKハイビジョン番組で1年間の撮影を元に丸々見せてくれたこともありました。彼女はその当時90才ながら健在で、日の出と共に庭仕事を始め、日の暮れるまで庭にいるという。 もう感嘆と賛美しか言葉が出ませんでした。

彼女の92才での訃報を目にして、深い哀悼の想いと共に、素敵な庭をありがとう、素敵な生き方を教えてくれてありがとうという感謝の思いで胸がいっぱいです。

この記事のURL | つぶやき | CM(20) | TB(0) | ▲ top
『矢車草・ユキノシタ・斑入りイワミツバ・アスチルベ』
2008/06/21/17:30(Sat)
矢車菊のところで書いたように、矢車菊を矢車草と呼ぶことが多いのですが、実は、矢車草いう正式な名前を持っているのは、こちらの花です。


矢車菊の方は花の形が矢車(鯉のぼりの上にあるクルクル回っているアレ)に似ていることからの命名ですが、こちらは、葉っぱの形が矢車に似ているからだそうです。
1メートルぐらいまで大きくなることを予想していましたが、環境が悪かったのかありがたいことに小振りでした。もう1本は蕾は持ちましたが咲かず(泣;)、来年は場所を変えしょうか・・
矢車草080601

花のドアップも可愛いです(キモイなんて言わないで・・)
矢車草01

矢車草080602

ヤグルマソウ (矢車草) ユキノシタ科 ヤグルマソウ属  (2008.06 庭の花)


我が家は、今年初めて花壇を作りましたが、それは、いままで棚を作って鉢置き場にしていた庭の半分の日当たりの良い場所です。

残りの半分は、前の家の影になり、雑木も植えてありますので日当たりが悪いので、クリスマスローズや、このユキノシタ科の植物が元気になる場所です

そのユキノシタです
ユキノシタ080601

ユキノシタ(雪の下) ユキノシタ科 ユキノシタ属
白い花を雪に見立てての命名らしいですが、その花の下の肝心の葉っぱはどこにでもあるからいいか・・・と^^;

同じ時期に咲く白い花では、こちらも花もヨシ・葉もヨシの斑入りイワミツバです。
08061211


イワミツバ セリ科     (2008.06  庭の花)
花が散ると、葉っぱがきれいに見えてきます。もの凄く増えると言われるほどには増えそうな気配がありません。
ミツバシモツケ?02


この記事のURL | 花 や~ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『ホタルブクロ』
2008/06/20/23:59(Fri)
下の名前がわからない赤紫色の花
ナンだろう・・・シソ科かな?なんて頭をひねっているのに、君平さんと作太郎さんが、ホタルブクロとかカタツムリ花とか・・・(-_-;)

今夜のTV、爆笑のあとがマトリックスだったので、もう何度目かなといいながら、つい最後まで観てしまって、頭が少々もーろーとしていますが、こちらが本物のホタルブクロでござんす。 
ホラ、かなり違うでしょ?
       蛍01

 ホタルブクロ(蛍袋)  キキョウ科 ホタルブクロ属   (2008.06.12 庭の花)

まあ、花の中にひげさんは似ているけれど、花びらの形がこれは鐘ですもの・・・せっかく、考えてくださったのはうれしいけれど、残念ながら違いますわね^^  でも、たとえ違っていても、考えてくださってありがとうございます。優しいみなさんに感謝です m(._.)m ペコッ 


  蛍02


こちらは白
       蛍03


白は、ひげも見あたらず、とても可憐な雰囲気ですが、蛍袋と言うより、白い釣り鐘の風で、ピンクというか赤紫のほうがいわゆるホタルブクロらしい雰囲気です。これは、たしか、うろ覚えですが、曙という品種名だったと思います

青色のも庭の片隅に有るはずだけど、今年は咲かない・・・消えたかな?


それはそうと、マトリックスも何度もみると、この場面はチャッチイ・・なんて思うところも多いけれど、キアヌはやっぱりいいわぁ  眉間のしわもカッコイイね

今年最初に観たDVDは、ダイハード4.0だったし、最後に映画館で観た映画はパイレーツオブカリビアンだったことを思い出しました。すこし年取ったハリソンフォードでも見に行こうかな・・・

近所にTではないビデオレンタル屋さんが開店して、2日間だけ入会金無料の一律90円だったので、5点も借りてきました。昨日から、映画モードです。
昨日の映画は、とても良かったけれど心にぐさりと残る重さだったので、今日は軽くTVをみてしまいました。一週間で5本も借りたけれど、観きれるのかな?
この記事のURL | 花 は~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
名前のわからない紫色の花
2008/06/19/10:30(Thu)
カカリアと同じくM家のオープンガーデンで(こちらは3月に)購入した苗ですが、名前がわかりません。

少し前の花壇でとても良く咲いていました。

     08051401

      (2008.05  庭の花)
ひと株で、凄いボリュームです。
この記事のURL | 庭・・・ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
『カカリア(絵筆菊)』
2008/06/19/10:00(Thu)
これは、かなり聞き慣れない珍しい花だと思います
カカリアという不思議な名前の花ですが、5月のM家のオープンガーデンで苗を三色買ってきました。
見たところ、ダンドボロギクかベニバナボロギクの園芸種かな?と思いましたが、調べると別品種のようです。

まず青色
  カカリナ青03

         カカリナ青02


  カカリナ青04


そして、赤というか橙色
カカリナ赤01

        カカリナ赤02


  カカリナ赤03

赤というか橙色のが一番フサフサしているのですが、
カカリア(エミリア・コッキネア)  キク科 エミリア属  (2008.05~06 庭植え)
以前、カカリア属とされていて、それが流通名となったらしいです
別名(ベニニガナ(紅苦菜)、エフデギク(絵筆菊)、タッセルフラワー)


それから、ピンク色
       カカリナ桃01


 絵筆ピンク11

ピンクの咲き終わり・・ボロボロの綿毛
     カカリナ桃03


これ↑が、↓のダンドボロギク(段戸襤褸菊)にそっくりだと思う所以です
違うのは、ダンドボロギク(段戸襤褸菊)は開ききらないところです。
ボロギク?1


一年草と言うことですが、このカカリアの綿毛に運ばれた種が来年はあちこちで芽を出すことは間違いないと思っています。来年はどこにひょっこり顔をだすのか楽しみです♪ 雑草そのものの姿ですから、間違えて?刈られることも多そうです。


※ しばらくどちら様へも訪問できておりませんで、更新だけで心苦しいのですが、記事が下書きにいくつもたまっていますので、庭の花記録としてアップさせていただきます。
もう少し体調が戻りましたら、寄らせていただきます <(_ _)>

この記事のURL | 花 か~ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
花の咲き終わり方
2008/06/17/14:00(Tue)
※前の記事へのコメント、ありがとうございます。うれしく拝見しました。

午前中に歯医者さん、午後はこれから3日間だけ里帰りしていた末っ子ワンのエドを訓練所へ送り届けに行きます。

下書きに入っていた記事だけ更新していきいます。申し訳ありませんが、コメントへのお返事、および訪問は夜(たぶん無理かな・・;)もしくは明日以後になります <(_ _)> 


さて、本文ですが・・

このくるくるパーマは誰でしょう
花後アネモネ2

これは、『アネモネ・エレガンスローズ』の花後です。

最初は、こんな↓感じです。時間が経つに連れて、↑のようなクルクルになります
       花後アネモネ1


花がきれいに咲くのは当然として、花後がどうなるのかというのも花壇では重要なポイントです。
前記事で、ニゲラの花後は夢があって楽しいと書きましたが、私が好きなクレマチスたちは、花の咲き終わった姿も美しいのです

これは、早咲の大輪、『 雪起こし 』の花のなれの果てです
花後雪起こし

さらに時間が経つと、こんな風なクルクルになります。本当は、こうなる前に剪定しないと次の花に影響が出るのですが、これも可愛いのでついつい切らないでおいてしまいます。

ところで、ゆうかあさん、これで納得できましたか?(重くて開けない・・画像のせいかな?どうしてかなぁ?)
雪起こしの後

こちらは、インテグリフォリア系の花後です。花同様、しべちゃんも小ぶりでくるりんです
インテグリ花後

そして、こちらは冬咲のジングルベルです。しべが残った姿も可愛いのですが・・
花後ジングルベル

さらに、綿毛のふわふわも可愛らしいものです
ジングル0805


花びらがはらはらと散って、汚く残らないだけではなく、しべちゃんでも楽しめるから、クレマチスが余計好きになるのです。

咲き終わってからも、美しい余韻が残る・・・理想です。  何の?
この記事のURL | 花いろいろ | CM(7) | TB(0) | ▲ top
『ニゲラ(黒種草)』
2008/06/16/16:16(Mon)
これも、5月のM家のオープンガーデンで購入してきた苗ですが、一重のニゲラです
これが普通のニゲラだと思っていたのですが、最近みなさんのお花ブログで見かけるニゲラは八重の方が多くて、あまり一重のは見ません。糸状の葉っぱも花びらより少し下にあるので一体化しては見えないのです。咲いている時からしべちゃんの先が黒っぽくて、いかにもクロタネソウらしく見えます。
   ニゲラ080601


        ニゲラ0806

ニゲラ(クロタネソウ(黒種草))キンポウゲ科 ニゲラ属  (2008.06 庭植え)
Nigella(ニゲラ)は、「Niger(黒い)」が語源だそうです

左下に咲き終わった花が見えていますが・・・
 ニゲラ02

こちらがユニークな実です。 花と実の二度楽しめます♪  
三度目のお楽しみは種かしら?  それは、もう少し後まで待ちましょう
花言葉は「未来」「夢で逢いましょう」 だそうです。夢がありますね^^

        ニゲラ種


私が花を好きになる理由のひとつには花後が美しいかどうかということもあります。
どんなに素敵な花でも咲き終わりが無惨に茶色でべちゃとなると、身近に置く気になれないのです。その点、ニゲラは合格!
この記事のURL | 花 な~ | CM(5) | TB(0) | ▲ top
10円まんじゅう
2008/06/16/15:30(Mon)
仙川のクィーンズ伊勢丹の近くに今年のGWの頃にできたお店。時折、車でクィーンズに立ち寄るたびに一個10円の看板が気にはなるのだけどいつも行列・・・・

娘が大学に戻る前日に、お土産と言って並んで買ってきました。黒糖10円まんじゅう専門店 
小饅寿本舗[こまんじゅうほんぽ]というお店だそうです、
     10円まんじゅう


これで2段30個入りで330円   安い!
でも、10円だからってバカにできないぐらいに美味しい^^

ウチのご近所のケーキ屋さんでは、ほとんどのケーキが1個が330円以上なのですよ~~
もちろん1個ではたった一口ポコッで足りないから、一度に3個ぐらいペロッだけど、それでも30円。
ちょっとだけ甘いモノが欲しいときはそれぐらいで用が足りてしまう。息子がきたら10個ぐらいは消えますが;・・・黒糖入りの皮もアンも程よく美味しいのです。
10円だと思うから、お皿にも載せてもらえないけれど、ちゃんとしたお皿に載せればそうは見えないかも・・・

一個からでも買えるそうで、これなら学校帰りの高校生が並ぶわけだわね^^
他にも、塩まんじゅうとか柏餅やおはぎもあるらしい。ちょっとした集まりとか幼稚園や学校の保護者会の席のおやつに重宝しそうです。皮が破れたいまいち君はさらに半額だそうです(笑)

ところで、お土産と言えば、最近トルコに遊びに行った人からいただいたお土産は楽しかったです。 アップルティー? 英語でそう書いてあるけれど・・
   トルコ土産


なぜ??かというと、裏に日本語の説明が書いてあるのに、まるで読めないのです。
トルコというと、親日派で知られていますが、この表記は笑えました
  トルコ文字1


わかります??  ご丁寧にも鏡文字なんですよ(^^ゞ
まあ、私たちがペルシャ語やロシア語見てもどちらが上か。右から読むのか左からかもわからないのと一緒でしょうか(爆;)

※追加です。鏡で読んでみました。 左右だけではなく上下も逆さまでした
     トルコ文字2
この記事のURL | 美味口福 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
『 セントーレア・ブラックボール(矢車菊) 』
2008/06/15/11:30(Sun)
セントーレア・ブラックボールなんて言われても、マンガの主人公かその武器のようで、なんじゃそれ?という感じですが、矢車菊のことです。
でも、このエンジ色というかチョコレート色の花の存在感はピカイチで、よくみかける青や薄桃色の矢車菊とはまるで違う雰囲気で、セントーレア・ブラックボールと呼びたくなります。
  矢車菊0806


前に、ティアレラを今春の花壇に植えた花のベスト1か2と書きましたが、そのティアレラと1位を争ったのがこの矢車菊でした。決着はつきません。

ティアレラがが下草としてナンバーワンなら、こちらはせいたかさんのナンバーワンというところでしょうか

全体的にぼわ~とした花壇をエンジ色の花がキリッと引き締めてくれるのです。しかも、徐々に伸びて、いまは腰の高さ以上ですが、横にはほとんど広がらず、すっきりとしています。今年は雨が多くて、さすがにだらけたので一か所でまとめましたが、さほどは草姿も乱れません。さらに、なんと4月の初めから延々と咲き続けてくれているのです。

      矢車菊080502


セントーレア・ブラックボール(矢車菊) キク科 セントーレア属 (2008.04~06 庭植え)


↓は、4月のころの、もうすこし楚々とすっきりした立ち姿です
 矢車菊05



ちなみに、よく矢車草という呼びかたをしますが、それはまた全然違う花のことです。そのうちアップします。
この記事のURL | 花 や~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
ン十年ぶりのザクロ
2008/06/14/12:40(Sat)
ザクロの花が咲いています
今の家を新築したときに植えて1年目にたくさん咲いて、初めて実がついてザクロの宝石のような実を食べてからン十年・・たぶん25年ぐらいでしょうか

暮れの剪定でいつも枝を払ってしまうので、花芽などついたことがありませんでした。
今春、花壇を作る際にまるで咲かないと言いましたら、庭師さんが「根っこをだいぶ切ったから今年は咲くでしょう」と・・その通りでした。
花芽のついた枝を払うのではなく、根っこを直すことで、また花が咲く
      ザクロ061201


いくつも咲いてくれたので、実がつくかどうか期待しましょう
蕾を撮っていたら、かわいい子カマキリがいました。 そういえば、6月の6日から10日までは「蟷螂生(かまきりしょうず)」このころ孵化した子が、ちょうど少し大きくなったのでしょう。もうしっかりと一匹で生きているのです。
  ザクロ061202
この記事のURL | つぶやき | CM(10) | TB(0) | ▲ top
『 オキシペタラム ブルースター』
2008/06/13/15:00(Fri)
下書きに入れっぱなしだった散歩道の花たちをまとめてアップして、すこしだけ下書き欄が軽くなりました^^   こちらは、庭の花です



ブルースターという別名がピッタリの星形の青い花です
  青080603


名前のわからない巨大ネギ坊主が終わりかけて、その場所が空いて寂しくなりそうなので、隙間に植え込みました。
   青080601

ユリなどピンクやオレンジの花が目立つようになったこの時期にとても爽やかな白がかかったブルーです
   青080602

オキシペタラム ガガイモ科 オキシペタラム属   (2008.06.05 庭植え)

お隣のフェンネルフラワーとの相性も良さそうです。
この記事のURL | 花 あ~ | CM(2) | TB(0) | ▲ top
公園の花
2008/06/13/12:01(Fri)
散歩道を歩いて、たどり着くのはいつもの公園
少しは花壇もありますが、ほとんどほったらかしの草ッパラに近い公園なので、ワンの散歩には都合の良い場所です。四季折々の花を見つけるのも楽しいのですが、それにしても、今年は草刈りの回数が極端に減った気がします。

ノカンゾウでしょうか? 園芸種のヘメロカリスとは違います。
    08052802


花壇の縁にハナショウブ?がポツンと咲いていました
    カキツバタ?

こちらは、花壇のカスミソウかな?シレネかな?わからない^^;
   シレネ0806


別の花壇に大きな大きなネギ坊主がありました
アリウム・ギガンジューム  ネギ科
  アリウム0806

巨大な紫の球体は、遠くからも目立ちます
         アリウム2

キイチゴも藪になっています
    ベリー0806

ヤマボウシの白花
    ヤマボウシ白0806

ヤマボウシのほんのりピンク
    ヤマボウシピンク0806


ヤマボウシの実も色づいたら食べられるそうですが、なかなか手が届かないですね
この記事のURL | 散歩道 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
散歩道の花たち
2008/06/13/12:00(Fri)
少し前の散歩道の花たち
ブラシノキ  フトモモ科 ブラシノキ属  
ブラシノキ080602

ゴシゴシ・・・誰ですか?  太腿を連想した人は (≧∇≦) 
ブラシノキ080601


オーストラリア原産のブラシノキと一緒に咲いていたのは、ニュージーランド原産
紅白のギョリュウバイ(魚柳梅・御柳梅) フトモモ科
NZで有名な薬効のあるマヌカハニーはこの花から採れたハチミツです
ギョリュウバイ0806


散歩道がこの時期はいい香りに包まれます
テイカカズラ(定家葛) キョウチクトウ科
テイカカズラ0806


別名『青年の樹』のユッカも6月に入って咲いています。存在感がありますが、メキシコ原産だそうです。テキーラの葉っぱにも似てるのも当たり前でしょうか、同じリュウゼツラン科(竜舌蘭)の植物です
08052801

スイカズラもキンギンカ(金銀花)の別名の通り、黄色と白い花が金銀のように輝いています
スイカズラ(吸葛) (別名、金銀花、忍冬ニンドウ)スイカズラ科 スイカズラ属
<08060605


カルミア (花笠石楠花) ツツジ科  満開の時よりも蕾の形が面白くて好きなんです
カルミア

この花はチョウジソウ(丁字草)に似ているけれど葉っぱが違うような気がして自信がありません。
チョウジ?

ウマノアシガタではあまりに可哀想な キンポウゲ(金鳳花)ピカピカと光り輝く黄色です
今まで無かったのに、今年は線路の土手で咲いていました。
キンポウゲ?


毎年この時期に咲いているオレンジ色の花。気になっていたのですが、どうやら
ブルビネ・フルテッセンス という名のようです ツルボラン科 ブルビネ属
ツルボ?0805


そして、ヘビイチゴの真っ赤な実です
クサいちご080512
この記事のURL | 散歩道 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『 ティアレラ 』
2008/06/12/11:50(Thu)
今年初めて花壇を作っていろいろ植えましたが、中でも植えて良かったベスト1か2の植物がこのティアレラです。
  
    ティアレラ1


花は小さく目立たないのですが、よくよく見ると可憐で、なによりカラーリーフとしての使い勝手が素晴らしいです
    ティアレラ0805


    ティア080501


最初に見たのは3月末のM家のオープンガーデンでした。クリスマスローズの咲く庭のあちこちにフワフワと咲く花と地面を隠すカラーリーフに驚き、名前を教えてもらいすぐ近所の園芸店に駆けつけてゲットしました。
       ティア080504

ティアレラ  ユキノシタ科 ティアレラ属  (2008.04~06  庭植え)

それ以来、花が終わるとまた花茎が伸びてきて、ずっとどこかで誰かが咲いているという、花壇にはなくてはならない存在になっています。 今年はそれとツボサンゴやヒューケラも植えましたので、もしかすると画像がごっちゃになっているかもしれません。

    08042512
この記事のURL | 花 た~ | CM(10) | TB(0) | ▲ top
少し前の庭の花
2008/06/12/11:00(Thu)
今日も雨降り、早朝の土砂降りの雨音 で目が覚めました。
急ぎの仕事もないので、少し前の庭の花たちの備忘録を作成しておきます。(忘れないうちに記録しておかないと、来年の庭仕事の対応準備ができないので・・・)

ユーフォルビアの一種
0805花02

タイム
タイム0805

アネモネ
アネモネ0805

クチベニシラン
シラン080501

普通のシラン
シラン080502


ニワフジ
ニワフジ080502

マメ科コマツナギ属の落葉小低木ということですが、盆栽風の浅い鉢植えにしてあるので、大きくはなりません。暴れそうなので、敢えて鉢植えのままです。
マメ科フジ属の本家本元の花とほぼ同じ時期に咲きますが、枝垂れません。
        ニワフジ0805


 ニワフジ0805

もう細かい品種名も忘れて、ただつらつらと5月の花の備忘録です。
この記事のURL | 庭・・・ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夕飯は天ぷら♪
2008/06/11/23:59(Wed)
・・と言っても今夜ではなく、休日のことでした
相方が久しぶりに5時起きで海へ行った釣果です。キスですがこのぐらいがいいところです
もっと多くなると、さばくのも大変だし、引き取り手も探さなくてはならなくなります

ただ、小さいから背開きにするところまでは良いのですが、中骨を取るのはけっこう時間がかかります。 ご本人は夕飯まで寝てますから・・・ね!  
さばいてから寝てくれればいいのにね(ブツブツ・・・)
     キス080608

成果がないときのことも考えてましたが、一応天ぷらの材料揃えておいて正解でした(笑)


こちらは、娘たちが最近はまっていて、いくつも冷蔵庫に入っているので、お味見してみました。
ネーミングがねぇ~~Dororich・・・ドロリッチですよ (^▽^;)
ドロドロ? 泥?? たしかに、一度聞いたら忘れない名前です。
ストローで飲むカフェスイーツだそうです。クラッシュカフェゼリーと生クリームがほど良く混ざったというのがグリコさんの売り文句です。
     dororich

まあ、試してみましたが、わたしには甘すぎるのか、今ひとつ後味がすっきりしないので、多分もういいかなぁ~~娘たちはSのコーヒージェリーフラペチーノよりは飲みやすいとお得意客になったようです。

去年から九州先行発売で、関東が最近発売開始、夏から全国展開になるようです。
さて、ドロドロ泥リッチ、今夏のヒット商品になるのかしらん?!
この記事のURL | 美味口福 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
クレマチス《 リトルネル・バゴダ・踊場 》
2008/06/10/22:55(Tue)
今よく咲いているクレマチスは、まず《 リトルネル 》

  リトルネル01

縁は薄い藤色で中が白くてほんのり緑の筋が入って、とても爽やかな色合いです。花芽もたくさん付いています。 一緒に写っている葉っぱは違う花のです。
《 リトルネル 》    (2008.06.06   庭植え)
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ビチセラ系  新枝咲き 強剪定
     リトルネル2

横向きに咲きますが、たまに俯いて咲く姿も可愛いです

         リトルネル0806


同じく藤色系ですが、内側に薄紫色の筋が入るのが《 パゴダ 》です。今年からフェンスに這わせています。

   バゴダ080602

《 パゴダ 》   (2008.06.06 フェンス)
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  テキセンシス+ビチセラ系  新枝咲き 強剪定  


そして、同じく今年からフェンスに這わせることにした《 踊場 》です。剪定を間違えることもなく楽になりますので、フェンスには同じ系統を3種混植しています。
  踊り場0606

濃いピンクのベル型の花ですが、内側に白い筋が入り、咲き進むに連れて花の先端が反っくり返ります。
        踊り場02


《 踊場 おどりば 》   (2008.06.06  フェンス)
クレマチス キンポウゲ科 クレマチス属  ビオルナ系  新枝咲き 強剪定 

テキセンシス系と書かれているのもあるけれど、買った及川フラさんのところでビオルナ系と書かれているので、そうしておきます。テキセンシスとビオルナの違いは私のような素人にはまったくわかりません。 性質や育て方、特に剪定方法がほとんど変わらないので、この系統は一緒に植えるには好都合です。

      踊り場080603


フェンス際は日当たりがまあ良いと思って植えてはみましたが、今年が初めてなので、ちゃんと根を下ろしてくれるかどうか、どのくらい咲くかを見極めているところですが、思うほどはあまり蔓が伸びてくれません。根の張り方がイマイチなのか、ワンが来客チェックに走り回るので安定しないのかか・・・しばらくは様子見です。まあ、いずれにしろ、今年の花たちはみなそれぞれの環境に適応できるかの実験中と言うところです。
この記事のURL | クレマチス | CM(12) | TB(0) | ▲ top
今日も雨ふり
2008/06/06/15:00(Fri)
今年は良く降る。
今日(実は昨日5日のことだけど^^;)、お昼頃から降るという予報に、降り出す前の曇り空は庭仕事に最適なので、家事を放り出して草取りをしようと庭へでれば、もう朝から降り出す。
小糠雨なのでしばらく居続けたら、背中がぐっしょり濡れてしまう・・小雨でも油断禁物

退却前にパチリ
    08060501

ヘメロカリス ユリ科 ワスレグサ属   キスゲやノカンゾウの仲間の園芸種

相方が一袋まとめて買ってきた、名前のわからないユリたちも咲きはじめました
          08060502

こちらのユリは今朝咲いたのだけど,↑に似たピンクのユリだけど微妙に違う・・?
  08060601

花びらの裏で何かが動いた!! (君平さん、開けるなら事前に覚悟してからにしてね(^_-) )
この記事のURL | 庭・・・ | CM(20) | TB(0) | ▲ top
『 オダマキ 』
2008/06/04/14:30(Wed)
オダマキには、日本のミヤマオダマキ(深山苧環)系と西洋オダマキ(アキレギア)系がありますが、我が家のは園芸種の西洋ものです

このピンク色のグラデーションのは、オリガミミックスという品種かな? 折り紙ミックスというように覚えていました
 08032622

オダマキ(オリガミミックス) キンポウゲ科 オダマキ属   (2008.05 庭植え)

こちらは、八重の品種です。フリフリスカートみたいです
         08032624

 08032623


優しい花なのに、花言葉は「必ず手に入れる」とか「絶対に勝つ」など勝ち気で強いイメージです
 
こちらも、西洋オダマキの一種です。この花は背丈が高くなります

オダマキ(アキレギア ローズバロー) 
     オダマキ0414

4月にチェルシーガーデンで苗を求めましたが、同じ時に白色のホワイトバローも植えたのですが・・・咲きません。 消えたかな?

一番上のオリガミミックスも、今は葉っぱが穴だらけですヮ
この記事のURL | 花 あ~ | CM(18) | TB(0) | ▲ top
天敵発見!
2008/06/03/16:10(Tue)
雨降りに任せて備忘録を大量アップですが、こちらが本日の話題です。

雨上がりの昨日、ゴミ出しをしてから道路を掃除しながら つらつらと生け垣を眺めていたら、裏のユスラウメが真っ赤に実っていました。
去年はボールいっぱいに採れましたが、今年はこの2倍ぐらいですから少ないです。
それでも、これだけ熟していても残っていると言うことは・・・鳥さんたちのお口に合わないぐらい酸っぱいのです^^;
ユスラウメ0806


グミのような渋さはありませんが、美味しいとも言いがたいです。ただ、艶やかで美しいです♪

花はこんな感じで、梅と言うよりサクラに近いです。実も酸っぱくて柔らかいさくらんぼ風です
ユスラウメ(梅桃とか山桜桃梅)  バラ科 サクラ属
        ユスラウメ

しかし、昨日は摘み取りながらゆっくり味わう気分にはなれませんでした。
なぜなら~~~その前に、私の天敵を発見!!していたのです

この実を採った後、長袖に帽子、首にタオルを巻いてマスクという完全武装をして出動!!でした。
理由はこの下にありますが、画像を小さくしなかったので、気の弱いヒトは開かないでね (^_-) 

この記事のURL | 庭・・・ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ