2017/03 ≪  2017/04 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017/05
サザンカスッキリ? 寂しい?
2017/02/11(Sat)09:30
↓は昨年12月の山茶花の生け垣です。

山茶花 - 1 (1)


この記事のURL | 花 さ~ | CM(4) | ▲ top
ジューンベリー
2016/06/09(Thu)17:30
植えたばかりの一昨年はとてもよく咲いたのに、去年は全然咲いてくれなくて寂しかったジューンベリー

今年は、多くはないけれど咲いてくれました。  (2016.04.13)

0413花 - 1 (12)

この記事のURL | 花 さ~ | CM(2) | ▲ top
オーニソガラム・アラビカム
2016/06/08(Wed)17:30
もちろん名前はあるのです。
私が忘れん坊だから、名無しさんになっているのです。

白い花を続けているのですが、名前が思い出せなくて後回しになっていましたが、とうとう用意していた残りの記事もなくなってきたので、名無しさんでアップというみっともない事態です。
他の白い花たちより、少しだけ遅れて咲くこの子


オーニソガラム・アラビカムでした。雌しべの黒い丸が決め手になりました。

クロボシオオアマナの和名があり、オオアマナの仲間ですね。

0510白 - 1

(2016.05.10 庭の花)


この記事のURL | 花 さ~ | CM(6) | ▲ top
シラー・ペルビアナとカンパニュラータ
2016/05/31(Tue)10:00
シラー・ペルビアナは青紫色の花の方がよく見かけますが、我が家のそれはどこかへ消えてしまいました〜〜お隣の駐車場で咲いていたことがあり、もしかすると、古い土と一緒に球根を捨ててしまったのかなぁ?^^;


別名がオオツルボということで、そういえば、咲き方はツルボによく似ていますね^^

まあ、白いのはまだ庭で咲いています。


0502シラー白 - 1 (1)


(2016.05.20 庭の花)
この記事のURL | 花 さ~ | CM(0) | ▲ top
スミレ・プスキニア
2016/05/30(Mon)10:00
こぼれ種で増えたと思う、白いスミレ

0413花 - 1 (2)

この記事のURL | 花 さ~ | CM(2) | ▲ top
セッコク
2016/05/27(Fri)10:00
セッコク 
ラン科 着生植物    (2016.04.18  庭の花、コルク板に着生 )

0418花 - 1 (1)

この記事のURL | 花 さ~ | CM(4) | ▲ top
神代植物公園にて、セツブンソウ
2016/02/10(Wed)10:30
節分過ぎて、そうだ!セツブンソウを見に行こう
というわけではなかったのですが、昨日は午後から神代植物公園に行きましたので、見てきました。


スプリング・エフェメラル(春の妖精たち)といえば、かなりの種類があがるのでしょうが、やはり、このセツブンソウが一番印象的です。あとはカタクリかな〜〜

160209節 - 1

この記事のURL | 花 さ~ | CM(4) | ▲ top
サザンカとクレマチス(ジングルベル)
2015/12/10(Thu)12:10
サザンカ サザンカ 咲いた道〜〜♬
落ち葉焚きはできなくなりましたが、山茶花の花は今が盛りです。

花苗1512 - 1 (30)

この記事のURL | 花 さ~ | CM(4) | ▲ top
斑入りのスィートアリアッサムとツマグロさん?
2015/11/05(Thu)11:00
春に植えたスィートアリアッサムの一株が、よく成長してくれています。
斑入り葉なのがとても気に入っています。

11IMG_7979.jpg

この記事のURL | 花 さ~ | CM(8) | TB(0) | ▲ top
何十年ぶりかのザクロの実
2015/10/01(Thu)12:30
今年の中秋の名月と、翌日のスーパームーンは、実に綺麗でした。
カレンダーをまためくる日が来て、もう残りは3枚!!  そろそろ、年末年始をどう過ごすか考える時期です。


それはそうとして・・・
庭のザクロの実がなっています。
何年ぶりでしょうか? 花もほんの少しだけは咲くのですが、この大きさの実まで行き着かないのです。

確か植えた年(親が今の家を建てたとき)には食べた記憶がありますから、それ以来?となると、何十年ぶりかになります。
あと一回ぐらい、完熟はしなかったけど実はついたかな〜〜
実がならない理由の一つは、枝を切り詰めるからというのもあるんです。放っておくと枝が伸び過ぎて、邪魔なのと日当たりが更に悪くなりますので・・・


   ざくろIMG_7138

自分が好きで植えた木ではない上に(親の代の植木屋さんが植えた・・・)、トゲもあるし、花も咲かない実もならないし、、持て余し気味で切ってしまいたいといつも思っているので、切られては大変^^;たまには実をつけようかと思ったのかどうか??(笑;)

好きな木ではないのですが、葉っぱの緑が濃くて艶があるのだけは褒めてあげたいです。

親の代で植えた樹木には他にも不満がいろいろ・・・夏の日差しを遮ってくれてドングリがなるのも楽しいけれど、成長しすぎて落葉期のお掃除が大変なコナラやクヌギ、毒蛾対策と花びらお掃除が大変なサザンカやら・・・松も門冠りで雰囲気はとても良いけれど(お年寄りには好評^^;)、お手入れを考えると私たちの代で処分するべきかな〜とか考えてしまいます。


植物にもその時代の需要や好みがあるようです。あまり西洋風なのは好きではないけれど、それにしても手間がかかりすぎるのもどうかな〜〜若い時と今とではまた好みも変化しても行くのですが、園芸植物は時代の流れに敏感かつ翻弄されているようです。




この記事のURL | 花 さ~ | CM(12) | ▲ top
| メイン | 次ページ