お祭りの奈良井宿へ、その1
2017/08/16/18:15(Wed)
*8月12日の早朝に自宅を出て、信州の相方の実家へ行きました。
両親とも亡くなりましたが、義姉一家が守っているお墓にお参りです。孫のコボちゃんが同じ年頃の甥や姪の子どもたちと遊ぶのを楽しみにしているので、渋滞を覚悟で連れて行きました。

お盆の入りは翌日なので、木曽の奈良井宿まで遊びに行きます^^

08123 - 1

この記事のURL | おでかけ | CM(2) | ▲ top
高ボッチ〜〜(悲しくショックなお知らせも)
2017/08/14/23:59(Mon)
お盆に信州に帰省してました。13日は松本市内をぶらぶらした後に、高ボッチ高原まで登ってきました。(車でですが・・・) 

0813 - 1 (5)

この記事のURL | おでかけ | CM(3) | ▲ top
インテグリフォリア系のロゼア
2017/08/02/17:40(Wed)
さて、バタバタしているうちに、もう8月に入っています!

梅雨明けしてからのほうが、よく雨が降っています(^^;)
昨日今日はエアコンを久しぶりに切って過ごせるので、ホッと一息ついています。


インテグリフォリア系のクレマチスのロゼアがよく咲いています。
後ろ姿ですが・・・

0728 - 1 (5)

この記事のURL | クレマチス | CM(4) | ▲ top
2017年のクレマチス
2017/07/22/17:15(Sat)
今年は本当に暑いですね〜〜7月に入ってから外構の職人さんたちが仕事をしてるのですが、なかなか進みません。
でも、暑さの中で、ボタボタ流れるような汗で仕事されていると、申し訳ないような気持ちになります。



このクレマチスたちは、まだ涼しかった5月に咲いていたものです。
今年は2番花が遅い感じです。放ってるから肥料が効かないのかもしれないけれど、暑さと水不足がこたえているのかもしれません。

白 - 1 (5)


この記事のURL | クレマチス | CM(6) | ▲ top
八重のドクダミ
2017/07/19/18:15(Wed)
白い十字の花はよく見かけますが、こちらは珍しい八重のドクダミです。
とは言え、花は真ん中の棒状のもので、総苞片は通常白いのが4枚なのですが、これが多数あるので八重なんです。

白 - 1 (12)



この記事のURL | 花 た~ | CM(8) | ▲ top
アジサイ
2017/07/16/23:00(Sun)
7月も半ばを過ぎてしまいました。
こちらは梅雨は明けてはいないものの、今は梅雨なの?というぐらい、連日ギラギラムシムシと暑い日が続いています。


さて、本来なら6月中に終わらせていなくてはならない仕事がようやく片付きました。
例年より半月遅れで、7月に入ってからはお尻に 🔥 が点いた状態で焦りましたが・・・そうかといってもリフォームの人の出入りもあり・・・・ でも、ようやくホッとしました。


そして、リフォームのほうも7月5日引き渡し予定が大幅にずれ込んでまして、今月末には終わるのかな?というところです。


花壇の花たちもかなり足場や作業に痛めつけられて、ガックシですが、慌てて移植したアナベルさんは元気よく咲いておりました。

   0702 - 1 (12)


この記事のURL | 花 あ~ | CM(2) | ▲ top
半夏生
2017/07/02/16:30(Sun)
6月から白くお化粧をはじめた半夏生


  0702 - 1 (9)
この記事のURL | 花 は~ | CM(4) | ▲ top
ニオイハンゲ
2017/06/28/12:00(Wed)
5月初旬の頃の花・・・
今年は職人さんたちが出入りするので、庭に出ることが少ないので・・・玄関先に咲いていた
ニオイハンゲ(匂い半夏) 

0504 - 1

この記事のURL | 花 は~ | CM(2) | ▲ top
高尾山で咲いていた花たち
2017/06/24/10:00(Sat)
5月5日に行ったときに見かけた花たちです。

まず、あちこちで迎えてくれたのはシャガです。ちょうど旬でした。

0505 - 1 (1)

この記事のURL | 花いろいろ | CM(0) | ▲ top
GWに高尾山
2017/06/23/12:20(Fri)
GW真っ只中の5月5日

ミシュラン☆が付いてから、高尾山は超混雑で、ましてやGW中に行くものではないそうですが・・・娘が行くと言うので、思いきって出かけてきました。


混むので5時半起きで準特急に乗って、7時半に登り始めます。
高尾山にはいくつか登るルートが有るのですが、今回は、私は初めての6号路 琵琶滝コースを登ってみます。

0505 - 1

この記事のURL | おでかけ | CM(6) | ▲ top
| メイン | 次ページ